【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2021京王杯スプリングカップG2 全馬指数

スポンサーリンク

 

今週は京王杯スプリングカップを予想する。

東京1400mで行われる別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬17頭の指数を算出した。
  • 近4走最大指数1位はトゥラヴェスーラで78。
  • 優勝想定ラインは78に設定する。クリア馬はトゥラヴェスーラとミッキーブリランテの77。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 トゥラヴェスーラ   78

2位 ミッキーブリランテ  77

3位 ラウダシオン     76

4位 カイザーミノル    75

4位 セイウンコウセイ   75

4位 エングレーバー    75

7位 エーポス       74

8位 グルーヴィット    72

8位 タイセイビジョン   72

8位 シーズンズギフト   72

11位 ビッククインバイオ    71

11位 シャインガーネット    71

13位 ビオグラフィー     70

14位 ショウナンライズ    66

指数無し エアアルマス 近走ダート

指数無し イッツクール 近走ダート

指数無し カタナ    近走ダート

 

f:id:keibashisuu:20210515001018p:plain

 

トゥラヴェスーラ78

近4走指数ベストは前走の高松宮記念で78。

近4走指数は73→74→69→78。

4走前〜3走前は指数73〜74と安定傾向。3走前の淀短距離Sでは指数74と当時のベストを更新した。

2走前のシルクロードSは手応え悪く指数69と落としたが、前走の高松宮記念では指数78とベストを大幅更新。G1で4着と大健闘だった。

ここまでの指数を見る限り高値は前走の78のみ。今回はこの指数がフロックかどうかの試金石だが、10人気ならば狙う価値はある。また距離に関して、前走は時計のかかる1200mで好走しているため、今回のような高速馬場の1400mなら対応も可能だろう。指数1位かつ、能力の割に人気薄で配当妙味もあることを考慮して本命とする。

 

ミッキーブリランテ77

近4走指数ベストは2走前の阪急杯で77。

近4走指数は56→74→77→74。

4走前は能力を発揮できず56の低値だったが、3走前のニューイヤーSでベスト更新の指数74と好走した。

2走前の阪急杯でも指数77と再度ベスト更新。

前走の高松宮記念では初の1200mで指数74とそこそこ健闘した。

さて今回だが、阪急杯と同距離、同斤量であり指数77まで想定可能。3番手評価とする。

 

ラウダシオン76

近4走指数ベストは4走前の富士Sと2走前のシルクロードSで76。

近4走指数は76→70→76→71。

3歳の秋初戦、4走前の富士Sでは指数76とベスト更新。差し優勢レースで先行したラウダシオンには合わない展開だったが、そんな中での指数76は評価に値する。

3走前のマイルCSでは指数70と落とした。

2走前のシルクロードSでは指数76とそこそこ好走した。

前走の高松宮記念では指数71と落とした。

さて今回だが、現状の能力の76程度から特に上積みは無い。1番人気だし指数上位2頭にも能力で劣るため、あえて買う必要はない。指数76程度を想定して消しとする。

 

カイザーミノル75

近4走指数ベストは前走のマイラーズCで75。

近4走指数は64→72→73→75。

4走前のキタサンブラックMは距離1600mで指数64と凡走。

3走前の斑鳩Sでは指数72とベストを大幅更新。

2走前のオーシャンSでも指数73と再度ベストを更新した。

前走のマイラーズCでも指数75とベストを更新。展開的に恵まれた面も大きかった。

さてここへ来てベストを連続で更新中だが、今回はあまり上積みが無い。前走も恵まれた結果だし、前走以上は難しいか。最大で75程度を想定し消しとする。

 

セイウンコウセイ75

近4走指数ベスト前走の高松宮記念で75。

近4走は67→62→73→75。

この馬の生涯ベストは4年前の高松宮記念で80。

4走前の安田記念は67だが距離が長かったので度外視で良い。

3走前のセントウルSはオーバーペースの逃げで自滅し指数は62の低値。

2走前のシルクロードSでは指数73、前走の高松宮記念でも指数75と現状の能力を示した。

さてここまでを振り返ると4歳の高松宮記念で80と好走したところがピークでその後2年ほどはピークを維持できていたが、現状は年齢を重ねて下降傾向となっている。

今回も現状の能力で好走するのは難しいだろう。指数は最大で前走並みの75程度を想定し消しとする。

 

エングレーバー75

近4走指数ベスト前走の心斎橋Sで75。

近4走指数は55→66→64→75。

4走前〜2走前までは距離1800〜2000mの中距離を使い指数は平凡だった。

前走の心斎橋Sでは距離1400mへの距離短縮が功を奏したか、指数75とベストを大幅更新。

さて今回だが、前走圧勝のためまだ能力の底を見せておらず、上昇余地あり。斤量も前走より1kg減るし、指数は最大で77程度まで伸ばすと想定し対抗評価とする。

 

エーポス74

近4走指数ベストは前走の阪神牝馬Sで74。

近4走指数は57→68→64→74。

3走前のフィリーズレビューの68は3歳春ということを考えたら十分高値。

2走前の桜花賞は指数64と落としたが、そこから約1年ぶりの出走となった前走の阪神牝馬Sで指数74とベストを大幅更新。休養を挟んで上積み十分だった。

さて今回だが、状態は前走並みで上積み無し。指数は前走並みの74程度を想定して消しとする。

 

グルーヴィット72

近4走指数ベストは4走前の関屋記念と2走前の北九州短距離Sで72。

近4走指数は72→ダート→72→71。

近4走中で芝を使った3戦は指数71〜72と超安定傾向。能力的には3勝クラス〜OP特別レベルといったところで、G2では能力不足。指数72程度を想定して消しとする。

 

タイセイビジョン72

近4走指数ベストは4走前のNHKマイル、3走前の富士S、前走の京都金杯で72。

近4走指数は72→72→70→72だ。

近走は指数70〜72で超安定傾向。能力的には3勝クラス〜OP特別レベルといったところで、G2では能力不足。即切りとしたいところだったが、追い切りの動きが抜群に良く、上積みは十分にある。ただ、それでもいきなり通用するかは不明だし、指数の裏付けがない人気馬を買っても妙味は無い。最大で75程度まで伸ばすと想定するが、それでも消しとする。

 

シーズンズギフト72

近4走指数ベストは4走前の紫苑Sと2走前のターコイズSで72。

近4走指数は72→47→72→59。

4走前の紫苑Sで72とベスト更新。

3走前の富士Sでは折り合いがつかず自滅し指数47と落とした。

2走前のターコイズSでは出遅れ最後方からの競馬となったが、末脚炸裂で指数は72とベストタイ。展開を考えたら指数以上に強いレースだった。

前走の中山牝馬Sでは指数59と大敗したが、不良馬場のため度外視で良い。

さて今回だが、ターコイズSのレースを見る限り指数以上に能力はあるし、上手く展開が合えば指数75程度まで伸ばすのは可能だろう。ただ、折り合い不安や出遅れ不安は解消されていないし、ベスト更新でもまだG2では能力不足。最大で75程度までを想定し消しとする。

 

ビッククインバイオ71

近4走指数ベストは3走前のターコイズSで71。

近4走指数は70→71→70→68。

4走前の3勝クラス奥多摩Sで指数70とベストを更新しOP入りを決めた。

3走前のターコイズSでは指数71とベストを1ポイント更新。

2走前のニューイヤーSでは指数70。

前走の京都牝馬Sでは若干落とし68だが、この4戦は非常に安定傾向。

指数68〜71は3勝クラスレベルであり、G2では能力不足なため消しとする。

 

シャインガーネット71

近4走指数ベストは2走前の京都牝馬Sで71。

近4走指数は70→68→71→ダート。

生涯ベストは5走前のファルコンSで74。3歳春という時期を考えても非常に高い指数だ。ただしファルコンSでピークを迎えており、その後指数は更新できていない。

近4走は指数68〜71と3勝クラスレベルで安定傾向で、G2では能力不足。消しとする。

 

ビオグラフィー70

近4走指数ベストは前走の淀屋橋Sで70。

近4走指数は60→56→66→70。

前走の淀屋橋Sで指数70とベストを更新しOP入りを決めた。連勝でのOP入りでありまだ上昇余地はあるが、いきなりG2で通用する根拠が無い。指数を伸ばすとしても最大で73程度までと想定し消しとする。

 

ショウナンライズ66

近4走指数ベストは前走のダービー卿CTで76。

近4走指数は64→63→59→66。

近4走は指数59〜66と低値安定傾向。これは2勝クラスレベルの指数であり、現状の能力で重賞では足りない。今回も66以下を想定して消しとする。

 

指数無し エアアルマス 近走ダート

近走ダートのため指数無し。ダートでは能力上位だが、いきなり芝の高速1400mでスピードに対応できる根拠が無い。試金石となるが、そこそこ人気していて妙味も無いし消しとする。

 

指数無し イッツクール 近走ダート

近走ダートのため指数無し。過去に芝で頭打ちになってダートに転向したわけであり、今になって芝で通用する根拠は無し。能力不足で消しとする。

 

指数無し カタナ    近走ダート

近走ダートのため指数無し。過去に芝3戦使って未勝利を突破できなかった。ダートでOP入りしたが、今になって芝で通用する根拠は無し。能力不足で消しとする。

 

まとめ

◎トゥラヴェスーラ 想定指数78

○エングレーバー 想定指数77

▲ミッキーブリランテ 想定指数77

 

指数1位のトゥラヴェスーラから組み立てる。前走フロックの可能性もあるが人気を考慮したら狙う利はある。人気薄で複勝もそこそこつくため、あえて不安要素の大きい人気馬を絡める必要無し。トゥラヴェスーラの複勝を本線にして、○▲との馬連ワイドも買いたい。