【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2021新潟大賞典G3 全馬指数

スポンサーリンク

 

今週は新潟大賞典を予想する。

新潟2000mで行われるハンデG3だ。

 

指数一覧

  • 出走馬14頭の指数を算出した。
  • 近4走最大指数1位はボッケリーニとバイオスパークで76
  • 優勝想定ラインは76に設定する。クリア馬は指数1位の2頭。
  • 指数上位5頭が1ポイント差と上位は混戦。ハンデを考慮して指数72ぐらいまではチャンスありか。
  • 先週までの時計は良馬場なら平均的だが、先週の極悪馬場での開催の影響や1回新潟との連続開催ということもあり、平均以上には時計のかかる馬場になっているだろう。馬場は外差し有利傾向で変わらずと判断。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 ボッケリーニ     76

1位 バイオスパーク    76

3位 サンレイポケット   75

3位 ポタジェ       75

3位 サトノソルタス    75

6位 ムイトオブリガード  74

7位 ヒュミドール     73

8位 ダノンマジェスティ  72

8位 マイスタイル     72

10位 ニシノデイジー     70

10位 トーセンスーリヤ    70

12位 サトノエルドール    69

13位 ハッピーアワー     64

14位 バスカヴィル      54

 

f:id:keibashisuu:20210506182506p:plain

 

ボッケリーニ76

近4走指数ベストは2走前の中日新聞杯で76。

近4走指数は71→72→76→75。

4走前までは安定傾向かつ緩やかに成長傾向。

3走前のカシオペアSで指数72とベストを更新した際に、既に本格化の片鱗を見せていた。指数は4走前から僅か1ポイント増だが、伸びないインコースを通ったことを考えると指数以上に評価できる。

2走前の中日新聞杯では斤量55kgで指数76とベスト更新と完全に本格化した。ラブリーデイの兄弟ということで晩生傾向であり、ラブリーデイも5歳1月の中山金杯から本格化し、同年の宝塚記念、天皇賞を制しているし、ボッケリーニも今が5歳ということでほぼ同時期だ。

前走の小倉大賞典では斤量2kg増の57kgを背負ったが、指数75で2着と健闘。斤量を考えたら実質的なベストと言っていいだろう。

さて今回だが、斤量は前走から据え置きで状態は良さそうなため成長分で指数76程度まで伸ばすと想定し対抗とする。

 

バイオスパーク76

近4走指数ベストは3走前の福島記念で76。

近4走指数は73→76→66→67。

4走前の京都大賞典で指数73と平凡。

3走前の福島記念で勝利し指数76と跳ね上げた。斤量55kgでこそあったが、ここでピークを迎えたと言える。

2走前の中山金杯では斤量57kgを背負ったこともあり、指数66と落とした。

前走の小倉大賞典でも斤量57kgで指数67と低値である。

さて今回だが、近2走と同じ57kgを背負うし、近2走のパフォーマンスから既にピークを過ぎている可能性が高い。指数72以下を想定し消しとする。

 

サンレイポケット75

近4走指数ベストは4走前のアルゼンチン共和国杯で75。

近4走指数は75→73→73→74。

生涯ベストは5走前の毎日王冠で77。当時は状態抜群かつ綺麗な良馬場という得意条件だった。

4走前のアルゼンチン共和国杯では全く伸びない最内を通ってしまったが、それでも指数75と好走した。外に出せていたら指数77程度まではあっただろう。

3走前の日経新春杯と2走前の白富士Sでは指数73と低値だ。この2走はベスト時の状態ではなく指数を落としている。

前走の金鯱賞は状態は良化したが、荒れ馬場が合わず指数は74と低値だ。

さて今回だが、まずは荒れた今の新潟の馬場はやはり合わない。特に先週の極悪馬場での開催の影響も残るし、ベストパフォーマンスを発揮できるような馬場状態でのレースにはならない。とは言え地力はあるし状態も良さそうで、前走から1kg減も考慮すると、今回のメンバーならそこそこ戦えるのではないか。指数75程度を想定し3番手評価とする。

 

ポタジェ75

近4走指数ベストは前走の金鯱賞で75。

近4走指数は68→73→73→75。

5走前〜2走前までは1勝クラス〜OP特別まで4連勝中で指数も上昇傾向。

前走の金鯱賞では相手強化で連勝は止まったが、指数75はベスト更新。斤量増と馬場悪化でのレースと考えたら価値ある3着だ。

さて今回だが、追い切りからも状態は良さそうで指数77程度まで伸ばすと想定し本命とする。

 

サトノソルタス75

近4走指数ベストは4走前の金鯱賞で75。

近4走指数は75→64→69→70。

4走前の金鯱賞では指数75とベストを更新。ただし、超スローペースを先行して、かなりの展開利を受けており再現性は薄い。

3走前の大阪杯では相手強化かつ大外ぶん回しでは当然足りず指数69の低値。

2走前の中日新聞杯では休み明けで完調でこそなかったが力負けで指数69と低値。

前走の日経新春杯でも指数70と力負けだ。

ここまでを振り返ると、極端に展開が向いた金鯱賞でしか高指数が無いので、能力の裏付けとしては乏しく、フラットな展開では重賞で通用する能力があるとは思えない。今回は指数72程度までを想定して消しとする。

 

ムイトオブリガード74

近4走指数ベストは3走前の阪神大賞典で74。

近4走指数は70→74→ダート→70。

生涯ベストは10走前のアルゼンチン共和国杯で77だが2年半前のレースである。

近走では3走前の阪神大賞典で指数74と好走しているがこれも1年前。

2走前はダートを使い、前走の日経賞では指数70と平凡。

さて今回だが、指数は下降傾向だし、現状の能力で重賞は難しいだろう。指数は前走並みの70程度を想定して消しとする。

 

ヒュミドール73

近4走指数ベストは前走の日経賞で73。

近4走指数は72→71→69→73。

近4走は指数69〜73と安定傾向であり能力的にはほぼ底を見せたか。

一応前走の日経賞で指数ベストを更新しており、斤量も前走から1kg減るので指数75程度までの上昇は可能。4番手評価とする。

 

ダノンマジェスティ72

近4走指数ベストは3走前の岸和田Sで72。

近4走指数は65→72→71→71。

3走前の岸和田Sで指数72とベストを更新したが、その後の2戦で指数はほぼ変わらず安定傾向。指数71〜72は3勝クラスでは高めの指数だが、重賞となると1枚足りない。今回は斤量2kg減で斤量分の上昇は可能だが、それでも指数74程度までと想定し消しとする。

 

マイスタイル72

近4走指数ベストは前走のダービー卿CTで72。

近4走指数は66→66→45→72。

生涯ベストは6走前のスワンSで78。5走前のマイルCSでも指数76と好走しており、この時(5歳秋)が能力のピークだった。

ただその後の4戦は指数72以下の低値続き。現状の能力で重賞で戦うのは難しいだろう。最大で前走並みの指数72程度を想定して消しとする。

 

ニシノデイジー70

近4走指数ベストは4走前の金鯱賞で70。

近4走指数は70→52→58→64。

生涯ベストは8走前のダービーで72だ。

2歳時から活躍していることもあり、かなりの早熟のようでダービー以降は成長していない

近4走で見ても、最大は4走前の金鯱賞の70である。今回も上積みは無いし最大で70程度を想定し消しとする。

 

トーセンスーリヤ70

近4走指数ベストは3走前の新潟大賞典で77。

近4走指数は62→69→70→48。

生涯ベストは5走前の新潟大賞典で77。当時は状態抜群で斤量54kg、さらに横山和生騎手の好騎乗もあっての高指数だ。

4走前の宝塚記念では指数62と落としたが、斤量58kgかつ適正外のタフな馬場だったので度外視で良い。

3走前の札幌記念では斤量56kgで指数69、2走前の札幌記念は斤量56kgで指数70と平凡。

前走の福島民報杯は指数48と低値だが、不良馬場を苦にしたためであり度外視で良い。

さてここまでの指数を見ると、現状の能力は70程度。今回、斤量56kgで昨年の新潟大賞典の再現性はなく最大で70程度を想定し消しとする。

 

サトノエルドール69

近4走指数ベストは前走の美浦Sで69。

近4走指数は55→64→58→69。

デビューから13戦連続で3着以内と安定した成績だったが、5走前〜2走前まで9,14,8,11着と大きく崩れている。

そこから一度休養を挟んで立て直しに成功し、前走の美浦Sで指数69で3勝クラスを勝利しOP入りを決めた。

さて今回だが、斤量は54kgとベスト時からは3kg減であり、斤量分の上昇は可能。斤量でどの程度伸ばすかは不明だが、いきなり重賞で好走となると確率は低い。今回は伸ばしても最大で74程度までと想定して消しとする。

 

ハッピーアワー64

近4走指数ベストは2走前の洛陽Sで64。

近4走指数は62→ダート→64→54。

近走は指数64以下の低値続き。現状の能力で重賞では通用しない。今回も指数65以下を想定して消しとする。

 

バスカヴィル54

近4走指数ベストは前走の大阪ハンブルクCで54。

近4走指数はダート→ダート→ダート→54。

前走は初芝で指数54の低値に終わった。芝2戦目となるが特に買い要素は無い。今回も指数60以下を想定して消しとする。

 

まとめ

◎ポタジェ 想定指数77

○ボッケリーニ 想定指数76

▲サンレイポケット 想定指数75

△ヒュミドール 想定指数75

 

混戦想定であまり絞り込めず。また、印も現時点ではほぼ人気順となった。

あとは、当日の馬場状態等を見て馬券を決めたい。