【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2021福島牝馬ステークスG3 全馬指数

今週は福島牝馬Sを予想する。

新潟1800mで行われる牝馬限定の別定G3だ。

 

指数一覧

  • 出走馬16頭の指数を算出した。
  • 近4走最大指数1位はシゲルピンクダイヤで76。
  • 優勝想定ラインは74に設定する。クリア馬はシゲルピンクダイヤ、ロザムールの2頭。
  • 牝馬限定のローカルG3とは言え、今年の重賞最低クラスの低レベルで、展開次第でどの馬にもチャンスはある。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 シゲルピンクダイヤ  76

2位 ロザムール      75

3位 パラスアテナ     73

3位 ディアンドル     73

3位 アブレイズ      73

6位 アフランシール    72

6位 カリオストロ     72

6位 クラヴァシュドール  72

9位 ミスニューヨーク   71

9位 ドナアトラエンテ   71

11位 パッシングスルー    70

11位 リュヌルージュ     70

13位 アバルラータ      69

13位 ムジカ         69

15位 サンクテュエール    68

16位 フィリアプーラ     67

 

f:id:keibashisuu:20210422225604p:plain

 

シゲルピンクダイヤ76

近4走指数ベストは2走前の中日新聞杯で76。

近4走指数は73→64→76→65。

生涯ベストは5走前のVMで77。高速マイルでの指数ということで適性は高速馬場。

4走前の京成杯AHは完調手前だったことと前が残る展開を差しきれなかったこともあり指数73と平凡。

3走前の府中牝馬Sでは時計のかかる重馬場の1800mで能力を発揮できず指数64の低値。

2走前の中日新聞杯では高速馬場で指数76と好走した。

前走の愛知杯ではそこそこ時計のかかる2000mで前付けして息が続かず、指数は65の低値。

さて今回だが、今の新潟開催は時計は平凡である。先週は不良馬場での開催だったので影響が残っている可能性はあるが、良馬場ならそこそこ能力は出せるだろう。ベスト舞台ではないため、指数73程度を想定し対抗評価とする。

 

ロザムール75

近4走指数ベストは前走の中山牝馬Sで75。

近4走指数は60→69→70→75。

4走前のキタサンブラックメモリアルでは2番手追走で指数60と落とした。3走前、2走前は逃げて指数69〜70と安定傾向。

前走の中山牝馬Sも逃げて指数75とベスト更新。ただし不良馬場かつ斤量52kgのためであり再現性は薄い。

今回はディアンドルとの逃げ争いですんなりハナは取れないし、特殊馬場だった前走の再現は難しい。斤量も2kg増えるし指数70以下を想定して消しとする。

 

パラスアテナ73

近4走指数ベストは3走前の秋華賞で73。

近4走指数は70→73→68→68。

4走前の紫苑Sで指数70とベスト更新。

3走前の秋華賞でも指数73とベスト更新だ。

ただ、自己条件に戻った近2走は指数68と低値続き。

近2走のパフォーマンスを見る限り、重賞での好走は期待できず、指数70以下を想定して消しとする。

 

ディアンドル73

近4走指数ベストは前走の小倉大賞典で73

近4走指数は67→67→64→73。

過去最高は9走前の北九州記念で指数は74。

4走前〜2走前は指数70位かで低値安定傾向だ。

斤量53kgと恵まれた前走は先行有利の展開にも恵まれて指数73と好走。

さて今回だが、斤量は前走から2kg増だし、逃げ馬ロザムールもいて展開面でも前走よりマイナスである。指数70以下に落とすと想定して消しとする。

 

アブレイズ73

近4走指数ベストは2走前の愛知杯で73。

近4走指数は60→60→73→59。

3走前までは全て指数60以下の低値と2勝クラスレベルだったが、2走前の愛知杯で覚醒し指数73とベストを更新。

ただ、前走の中山牝馬Sでは指数69と再び落としている。

さて今回だが、2走前の突発での好走しかない状態で、好走条件が掴めない。急に走るかもしれないが、好走確率は低いと判断して消しとする。

 

アフランシール72

近4走指数ベストは4走前の新潟日報賞で72。

近4走指数は72→67→70→64。

4走前の3勝クラス新潟日報勝を53kgで勝ってオープン入りした。

ただ、3走前の京成杯AHで67、2走前のオーロCで70と伸び悩んでいる。

前走の京都牝馬Sでも指数64と落としている。

さて今回だが、ベスト時から斤量1kg増だし、近走のパフォーマンスから重賞で足りるとも思えない。指数70以下を想定し消しとする。

 

カリオストロ72

近4走指数ベストは3走前の信越Sで72。

近4走指数は65→72→64→64。

3走前の信越Sでは斤量51kgの軽斤量で指数72と好走した。このレース以外は指数70以下の低値である。

さて今回だが、ベスト時から3kg増の斤量54kgを背負うので、指数70以下を想定し消しとする。

 

クラヴァシュドール72

近4走指数ベストは2走前のニューイヤーSで72。

近4走指数は68→44→72→57。

2走前のニューイヤーSでは斤量53kgの軽斤量で指数72と好走した。このレース以外は指数70以下の低値である。

さて今回だが、ベスト時から1kg増の斤量54kgを背負うため、指数70程度を想定し消しとする。

 

ミスニューヨーク71

近4走指数ベストは3走前のエリザベス女王杯で71。

近4走指数は67→71→70→70。

近走の指数は70前後で安定傾向であり、特に上積みは無い。メンバーレベルの低いレースであり、上がり馬の勢いで人気するだろうが、指数は平凡。今回も70程度を想定し消しとする。

 

ドナアトラエンテ71

近4走指数ベストは4走前のレインボーSで71。

近4走指数は71→68→70→66。

近4走は指数70前後で安定傾向。3勝クラスレベルであり重賞で戦えるだけの能力はない。今回も指数70程度を想定して消しとする。

 

パッシングスルー70

近4走指数ベストは2走前の七夕賞で70。

近4走指数はダート→ダート→70→62。

2走前の七夕賞で指数70とベストを更新したが、前走のディセンバーSでは指数62と落とした。

さて今回だが、まず安定感はないし、極悪馬場で逃げた七夕賞の再現性もなく、指数70以下を想定して消しとする。

 

リュヌルージュ70

近4走指数ベストは4走前のエリザベス女王杯で70。

近4走指数は70→63→63→62。

生涯ベストは8走前の中山牝馬Sで指数75。タフな馬場が合っていたことと、50kgの軽斤量が好走要因である。

ただ、近4走は指数70以下の低値続き。また、今回は斤量54kgを背負うし、ベスト時の再現は難しい。指数70以下を想定して消しとする。

 

アバルラータ69

近4走指数ベストは3走前のリゲルSで69。

近4走指数は64→69→67→67。

近4走は指数69以下の低値続き。これは3勝クラスレベルであり、重賞では通用しない。今回も指数69以下を想定して消しとする。

 

ムジカ69

近4走指数ベストは3走前の元町Sと前走の但馬Sで69。

近4走指数は65→69→64→69。

近4走は指数69以下の低値続き。これは3勝クラスレベルであり、重賞では通用しない。今回も指数69以下を想定して消しとする。

 

サンクテュエール68

近4走指数ベストは4走前の桜花賞で68。

近4走指数は68→66→50→63。

4走前の桜花賞で指数68とベスト更新。

3走前のオークス、2走前の秋華賞と指数を伸ばせなかった。

前走のターコイズSでも指数63と大敗。

さて今回だが、桜花賞から成長分はないし、今回も指数68以下を想定して消しとする。

 

フィリアプーラ67

近4走指数ベストは3走前のマーメイドSで67。

近4走指数は66→67→53→50。

生涯ベストは6走前のターコイズSで74。

ターコイズSでは出脚が鈍く、差し遅れてはいるが異次元の末脚で4着まで突っ込んできている。勝ち時計1分32秒2と高速馬場であり、馬場は軽ければ軽いほうが良い。

ターコイズS以降の5戦であるが、一度も高速馬場で走れておらず、その5戦において稍重以上が4戦。ほとんど適性外の舞台でしか走れていない。

近5走で唯一良馬場だった4走前の福島牝馬Sも、そこそこ時計のかかる馬場だったし、物理的に届かない位置からの追い込みで能力を出し切れず、66の低値だ。

さて今回だが、近走は低値続きだが、敗因は明確であり度外視で良い。

今回、馬場が高速馬場となるなら期待値は十分にある。好走確率は低いが、当日の馬場を見て時計が早かったら大穴で狙っても面白い。メンバーレベルも低いためチャンスはあるし、馬場が早ければ期待値だけで本命とする。後方から差しが決まる展開待ちで良いだろう。時計がかかる馬場ならば消しとする。

 

まとめ

◎フィリアプーラ 想定指数74(高速馬場なら本命、時計がかかれば消し)

○シゲルピンクダイヤ 想定指数73

 

低レベルすぎて、展開次第ではどの馬にもチャンスがある。あまり買いたいレースではないし、当日の馬場次第では大荒れ期待で人気薄のフィリアプーラから入ろうかと思う。