【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2021阪神牝馬ステークスG2 全馬指数

スポンサーリンク

 

今週は阪神牝馬Sを予想する。

阪神1600mで行われる牝馬限定の別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬12頭の指数を算出した。
  • 近4走最大指数1位はマジックキャッスルで78。
  • 優勝想定ラインは77に設定する。クリア馬はマジックキャッスル、メイショウグロッケの2頭。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 マジックキャッスル  78

2位 メイショウグロッケ  77

3位 イベリス       76

4位 プールヴィル     74

4位 リアアメリア     74

6位 ブランノワール    73

6位 ギルデッドミラー   73

6位 ドナウデルタ     73

6位 ロフティフレーズ   73

10位 デゼル         71

11位 エーポス        68

12位 メジェールスー     67

 

f:id:keibashisuu:20210408221902p:plain

 

マジックキャッスル78

近4走指数ベストは前走の愛知杯で78。

近4走指数は71→71→74→78。

4走前のオークスでは指数71とベスト更新。

3走前の紫苑Sは秋初戦を完調手前で指数71とベストタイ。

2走前の秋華賞できっちり仕上げて指数74とベストを更新した。

前走の愛知杯でも成長分ありで指数78とベストを更新した。

さて今回だが、追い切りを見る限り前走から上積みはないが、今回のメンバーなら前走程度走れば十分。指数78程度を想定し本命とする。距離短縮もプラスにはならないが、今回のメンバーなら問題ないだろう。

 

メイショウグロッケ77

近4走指数ベストは3走前のセントウルSで77。

近4走は70→77→73→67。

4走前の関屋記念では距離1600mで指数70と平凡。

3走前のセントウルSで初めての1200m挑戦となったが、どうやら短距離に適性があったようで、指数を大幅に伸ばし指数77とベストを更新した。

2走前のスプリンターズSは指数73とこの馬なりに好走。

前走の六甲Sでは距離1600mで指数67と凡走。

さて今回だが、休み明け2戦目で前走を叩いた上積みはあるだろうが、1600mでの指数上昇は見込めない。最大でも4走前並みの70程度までと想定し消しとする。

 

イベリス76

近4走指数ベストは前走の京都牝馬Sで76。

近4走指数は71→70→73→76。

4走前のオーロCで71、3走前のリゲルSで70と平凡。

2走前の阪神Cでは指数73とこの馬なりに好走した。

前走の京都牝馬Sでは先行有利の展開に恵まれたこともあり、指数76とベストを更新。

さて今回だが、逃げ粘る脚質を考えたら前走から200m伸びるのは良いとは言えない。少頭数でスローに落とせればチャンスはあるが、それでも前走の再現は難しいだろう。指数は74程度を想定して抑え評価とする。

 

プールヴィル74

近4走指数ベストは前走のオーロCで74。

近4走指数は63→73→71→74。

生涯ベストは6走前の京都牝馬Sで75。

4走前の安土城Sは後方から差し遅れて指数63の低値だったが、他の3走は指数71〜74で安定傾向。

さて今回だが、前走並みの指数74程度を想定して抑え評価とする。

 

リアアメリア74

近4走指数ベストは4走前のローズSと3走前のエリザベス女王杯で74。

近4走指数は74→58→74→67だ。

4走前のローズSでは指数74とベストを更新した。

3走前の秋華賞では馬場悪化で指数58と落とした。綺麗な良馬場向きの馬であり度外視で良い。

2走前のエリザベス女王杯では良馬場での瞬発力勝負となり指数74とベストタイだ。

前走の中山牝馬Sでは不良馬場で指数67と落としたが、度外視で良い。

さて今回だが、阪神開催終盤で馬場が荒れてきているのは良くないが、良馬場で開催できそうなのはプラス。ベスト時の74程度を想定して抑え評価とする。

 

ブランノワール73

近4走指数ベストは前走の京都牝馬Sで73。

近4走指数は71→66→69→73。

6走前の阪神牝馬Sで指数72とこれが当時のベスト。

4走前〜2走前は指数71以下で低値続きだったが、前走の京都牝馬Sで追い切りが一変した。レースでも後方から差し遅れはしたが指数73とベストを更新した。

今回は追い切りを見る限り前走に引き続き好調を維持しているようだ。

前走は差し遅れているため距離延長は歓迎。状態の良さも相まって指数ベスト更新の74程度を想定し対抗評価とする。恐らく人気しないので狙い目である。

 

ギルデッドミラー73

近4走指数ベストは4走前の中京記念と前走の京都牝馬Sで73。

近4走指数は73→64→64→73。

4走前の中京記念では指数73とベストを更新したが、斤量51kgだった。

3走前の信越Sおよび2走前のリゲルSはいずれも指数64で内容も力負けだった。

前走の京都牝馬Sでは成長分ありで指数73とベストタイ。斤量54kgを考慮したら実質ベストパフォーマンスと言って良い。また、差し遅れておりもう少し前で競馬出来ていれば指数74程度まではあっただろう。

さて今回だが、特に上積みは無く、前走並みの指数74程度を想定し抑え評価とする。

 

ドナウデルタ73

近4走指数ベストは3走前のポートアイランドSで73。

近4走指数は69→73→68→63。

4走前の安土城Sでは先行有利レースを後方から取り零し、指数69と低値だった。展開不向きということで度外視で良い。

3走前のポートアイランドSでは指数73とベスト更新。内でロス無く脚を溜め、追い出しのタイミングも完璧だった。

2走前のターコイズSでは後方から伸びきれずに指数68と力負け。

前走の愛知杯では指数63と力負け。

さて好走した3走前は完璧な競馬だったが、他の3走は68〜69と低値安定傾向のようだ。

また、完璧な競馬で指数73では能力的にも足りないだろう。今回は最大で指数73程度を想定して消しとする。

 

ロフティフレーズ73

近4走指数ベストは3走前の市川Sで73。

近4走指数は68→73→69→71。

3走前の市川Sでは指数73と高値であるが、それ以外は指数71以下の低値。市川Sは少頭数で展開的にも恵まれた結果で再現性は薄い。また、展開に恵まれたレースで73では能力的にも足りない。今回も最大で指数73程度を想定し消しとする。

 

デゼル71

近4走指数ベストは前走の初音Sで71。

近4走指数は67→69→69→71。

4走前〜前走にかけて指数は上昇傾向の明け4歳馬。今回も追い切り抜群で指数上昇は確実で、あとはどこまで能力を上げるか。

今回のメンバーを見ると、マジックキャッスル以外は団子であり2番手評価群にはいれておきたい。指数74程度まで伸ばすことを想定して抑え評価とする。

 

エーポス68

近4走指数ベストは2走前フィリーズレビューで68。

近4走指数は52→57→68→64。

2走前のフィリーズレビューの68は3歳春ということを考えたら十分高値。

前走の桜花賞は指数64と落としたが、そこから約1年ぶりの出走である。

正直、前走1年前の4歳馬となると、現状の能力を測ることは全く出来ない。

ただ、特に追い切りの動きが抜群ということでもないし、指数の裏付けがなく買う根拠がないので今回は消しとして様子を見る。

 

メジェールスー67

近4走指数ベストは4走前のタンザナイトSで67。

近4走指数は67→60→66→66。

近4走は指数67以下と低値続き。3勝クラス掲示板レベルの能力であり、重賞では通用しない。指数67以下を想定して消しとする。

 

まとめ

◎マジックキャッスル 想定指数78

○ブランノワール 想定指数74

△イベリス、プールヴィル、リアアメリア、ギルデッドミラー、デゼル 想定指数74

 

能力的にはマジックキャッスルの1強であり単勝で良い。

2番手評価群が優劣付かず6頭を想定指数74とした。なかなか絞り込めず、全馬印を打ちたくもないので、この中で人気の薄そうかつ状態良好なブランノワールを現時点での対抗評価とした。あとは当日のオッズを見て馬券を決める。