【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2021日経賞G2 全馬指数

今週は日経賞を予想する。

中山2500mで行われる別定G2だ。

 

指数一覧

  • 出走馬15頭の指数を算出した。
  • 近4走最大指数1位はカレンブーケドールとワールドプレミアで81。
  • 優勝想定ラインは81に設定する。クリア馬はカレンブーケドールとワールドプレミア。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 カレンブーケドール   81

1位 ワールドプレミア    81

3位 オセアグレイト     77

4位 ラストドラフト     76

4位 ウインマリリン     76

6位 ムイトオブリガード   75

6位 ダンビュライト     75

8位 アールスター      73

9位 ウインキートス     72

9位 ジャコマル       72

9位 ヒュミドール      72

12位 ゴーフォザサミット    71

13位 シークレットラン     70

13位 サトノルークス      70

15位 ナイママ         69

 

f:id:keibashisuu:20210326211424p:plain

 

カレンブーケドール81

近4走指数ベストは2のジャパンC(2020)で81。

近5走指数は81→78→77→81→77。

5走前のJCでは斤量53kgの恩恵とインベタで恵まれたこともあり81とベストを更新した。

4走前の京都記念は休み明けで8割仕上げだったこともあり、78と指数を落とした。

本来はここからドバイに進むはずで、実際に入国までしたが中止となった。

そのまま半年間休んで、3走前のオールカマーが秋の始動戦となった。指数は77と程度だったが、仕上げは8割程度だったため度外視で良い。

2走前のJCでは叩いた上積みもあり、指数81とベストタイである。昨年と指数は変わらないが、斤量は55kgになって同指数なので、成長分あり。

前走の有馬記念では最後は苦しくなって力負けだったが、指数77は十分高い。

さて今回だが、前走から1kg減で同コース、仕上がりも良好ということで指数79程度を想定して本命とする。

 

ワールドプレミア81

近4走指数ベストは3走前の有馬記念で81。

近4走指数は74→81→75→77。

4走前の菊花賞は指数74。G1勝利だが、菊花賞で74は低く、この年の菊花賞は極めてレベルが低かった。

3走前の有馬記念では武豊騎手の好騎乗もあり指数81とベストを更新した。ただし、斤量55kgと軽斤量だった。

その後は天皇賞・春へ進む予定だったが、体調不良を理由に回避し、ジャパンカップが2020年始動戦になった。そのJCだが、休み明けで仕上がり不十分で指数は75だった。ここを叩いて有馬記念が目標であり度外視で良い。

前走の有馬記念は斤量57kgで指数77とそこそこ能力を発揮できた。

さて今回だが、状態は良さそうで能力は発揮できそう。斤量57kgであり前走並みの77程度を想定し対抗評価とする。

 

オセアグレイト77

近4走指数ベストは2走前のステイヤーズSで77。

近4走指数は63→67→77→74。

4走前の七夕賞は指数63の低値。ただし、極端なスタミナ比べを苦にしたため度外視で良い。

3走前のアルゼンチン共和国杯では、力負けで指数67の低値。

2走前のステイヤーズSで指数77と跳ね上げたが、ドスローで展開に恵まれたためであり再現性は薄い。

前走の有馬記念は指数74。ここへ来て能力が増してきている。

さて今回だが、追い切りがかなり動いており上積み十分。5歳にしていよいよ本格化しつつあるか。完全に恵まれた2走前には及ばないとしても、前走以上には力を発揮する。指数76程度を想定し抑え評価とする。

 

ラストドラフト76

近4走指数ベストは2走前のアルゼンチン共和国杯と前走のAJCCで76。

近4走指数は74→61→76→76。

4走前の金鯱賞だがドスローの先行有利レースとなり、上がり最速でも届かない位置で競馬をしてしまった。指数は74の低値だが、騎乗ミスなので度外視で良い。前につけていたら78程度では走れていただろう。

3走前のケフェウスステークスは指数61の低値。川田騎手が前に位置取ったが差し優勢レースな上に、休み明けで息が続かずに失速した。基本的には叩いた方が良い馬だし、トップハンデでもあったため度外視で良い。

2走前のアルゼンチン共和国杯では叩いた上積みもあり、指数76とベストを更新した。

前走のAJCCでは指数76と引き続き好走した。ただ、不良馬場よりは良馬場の方が良いので、良馬場の今回なら最大78程度まで伸ばせる。ただ、追い切りがあまり動いておらず、その点で指数76程度までと想定し抑え評価とする。

 

ウインマリリン76

近4走指数ベストは2走前のエリザベス女王杯で76。

近4走指数は74→50→76→73。

4走前のオークスで2着と好走し指数74とベストを更新した。

3走前の秋華賞では指数50と惨敗した。ただし基本的に叩き良化型であるし、内側全滅の馬場でレースにならなかっただけなので、度外視で良い。

2走前のエリザベス女王杯ではオークスからの成長分もあり指数76とベストを更新した。また、最内の経済コースを通った好騎乗であった。

前走のAJCCでは指数73と落としたが、不良馬場は合わないので度外視で良い。

さて今回だが、追い切りの動きは良く十分に能力発揮できそう。最大でエリザベス女王杯並みの指数76程度までを想定して抑え評価とする。

 

ムイトオブリガード75

近4走指数ベストは4走前のアルゼンチン共和国杯で75。

近4走指数は75→70→74→ダート。

4走前のアルゼンチン共和国杯は指数75とベストだが、1年4ヶ月前。

2走前の阪神大賞典でも指数74だが、これも1年前。

そこからはダートの1戦しか使っておらず、現状の能力は不明。

おそらく劣化しているだろうが、仮に指数75程度を保てていても今回のメンバーでは足りないだろうから、消しとする。

 

ダンビュライト75

近4走指数ベストは前走の京都記念で75。

近4走指数は70→59→74→75。

生涯ベストは16走前のAJCC(2018)で78。

4走前の天皇賞・春ではせん馬になって初戦だったが、完調手前で指数70と低値だ。

3走前の宝塚記念も指数59の低値だが、かなり重たい特殊馬場だったので度外視で良い。

2走前の京都大賞典は指数74、前走の京都記念は指数75と近2走は安定傾向である。

さて今回だが、前走並みの指数75程度までを想定し消しとする。

 

アールスター73

近4走指数ベストは3走前のアルゼンチン共和国杯で73。

近4走指数は66→73→71→72。

生涯ベストは5走前の小倉記念で75。ただし53kgの軽斤量だった。

4走前の新潟記念は指数66と低値。

3走前のアルゼンチン共和国杯では斤量56kgながら指数73と好走した。斤量を考えたら実質的なベストパフォーマンスと言って良い。

2走前の中山金杯では指数71の低値。後方から上がり最速で追い込むも物理的に届かなかったためであり度外視で良い。

前走の小倉大賞典では指数72とほぼ能力通り。

さて今回だが、現状の能力である73程度までを想定し消しとする。

 

ウインキートス72

近4走指数ベストは前走の湾岸Sで72。

近4走指数は67→69→69→72。

近走成長中で前走の3勝クラスを勝ってOP入りを決めた。今回も上積みはありそうだが、それでも指数75程度までと想定する。いきなり重賞好メンバーと戦って能力的には足りないだろうし消しとする。

 

ジャコマル72

近4走指数ベストは3走前のグレイトフルSで72。

近4走指数は68→72→70→66。

3走前ののグレイトフルSでは斤量54kgで指数72とベストを更新しオープン入りを決めた。

ただ、斤量56kgを背負った前走のAJCCでは指数70と落としている。

前走のダイヤモンドSは66と落とした。

さて今回だが、最大でグレイトフルS並みの72では能力的に足りないので消しとする。

 

ヒュミドール72

近4走指数ベストは3走前のノベンバーSで72。

近4走指数は62→72→71→69。

近3走は指数69〜72と安定傾向であり能力の底を見せている。能力的に足りないので消しとする。 

 

ゴーフォザサミット71

近4走指数ベストは前走の中山記念で71。

近4走指数は66→69→ダート→71。

直近高値の指数71では3勝クラスレベル。重賞では足りないので消しとする。

 

シークレットラン70

近4走指数ベストは2走前の古都Sで70。

近4走指数は61→69→70→68。

近3走は指数68〜70と安定傾向。これは3勝クラスレベルであり重賞では足りないので消しとする。

 

サトノルークス70

近4走指数ベストは前走の京都記念で70。

近4走指数は65→65→60→70。

生涯ベストは5走前の菊花賞で74。

その後骨折を挟み、菊花賞以降のベストは前走の京都記念で70。これが現状の能力だろう。今回も指数70程度を想定し消しとする。

 

ナイママ69

近4走指数ベストは2走前のチャレンジCで69。

近4走指数はダート→66→69→68。

近走は指数70以下で低値安定傾向。重賞では足りないため消しとする。

 

まとめ

◎カレンブーケドール 想定指数79

○ワールドプレミア 想定指数77

△オセアグレイト、ラストドラフト、ウインマリリン 想定指数76