【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2021京都牝馬ステークスG3 全馬指数

今週は京都牝馬Sを予想する。

阪神1400mで行われる牝馬限定の別定G3だ。

 

指数一覧

  • 出走馬16頭の指数を算出した。
  • 近4走最大指数1位はリバティハイツで75。
  • 優勝想定ラインは75に設定する。牝馬限定G3としては平均レベル。クリア馬はリバティハイツのみ。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 リバティハイツ    75

2位 マリアズハート    74

2位 シャインガーネット  74

4位 ギルデッドミラー   73

4位 イベリス       73

4位 アイラブテーラー   73

7位 アフランシール    72

7位 カリオストロ     72

7位 アンリミット     72

10位 ビッククインバイオ   71

10位 ブランノワール     71

12位 アマルフィコースト   70

12位 メイショウショウブ   70

12位 リリーバレロ      70

15位 ヤマカツマーメイド   67

16位 メイショウケイメイ   66

 

f:id:keibashisuu:20210218220157p:plain

 

リバティハイツ75

近4走指数ベストは前走のシルクロードSで75。

近4走は68→74→71→75。

2018年のターコイズSにも出走しており74の指数を出している。この時が3歳で今が7歳であるので、当時から非常に長いピークを維持している段階だ。

前走のシルクロードSでは斤量54kgの軽斤量でこそあったが、指数75とベストを更新した。

近4走もムラこそあるが、能力を発揮できれば指数74〜75程度までは見込めるだろう。

ただ、ベスト時の前走から2kg増の56kgを背負うので、斤量分だけ指数を落とすだろう。今回は最大で72程度までと想定し抑え評価とする。

 

マリアズハート74

近4走指数ベストは3走前の春雷Sで74。

近4走指数は70→74→72→69。

3走前の春雷Sで指数74とベストを更新した。ただしその後は伸び悩んでいる。

また、この馬は後方から展開待ちの馬であり展開が合わなければ惨敗の可能性は高い。指数は近走並みの72程度を想定し抑え評価とする。

 

シャインガーネット74

近4走指数ベストは3走前のファルコンSで74。

近4走指数は62→74→70→68。

4走前のフェアリーSで指数62と当時のベストを更新。

3走前のファルコンSで自己ベスト大幅更新の74と好走した。3歳春という時期を考えても非常に高い指数だ。ただしファルコンSでピークを迎えており、その後指数は更新できていない。

前走のNHKマイルでは力負けで指数70と落とし、前走のターコイズSでも指数68と低値。

近2走の指数を見る限り、早熟で3歳春にピークが来てしまい、そこからの成長分がない可能性が高い。最大で70程度を想定して消しとする。

 

ギルデッドミラー73

近4走指数ベストは3走前の中京記念で73。

近4走指数は72→73→64→64。

4走前のNHKマイルで指数72とベストを更新し3着と好走した。

3走前の中京記念では指数73とベストを更新したが、斤量51kgだったことを考えると物足りない。

2走前の信越Sおよび前走のリゲルSはいずれも指数64で内容も力負けだった。

近2走の凡走を見る限り、早熟で3歳春にピークが来てそこからの成長分がない可能性が高い。さて今回だが、近2走並みの指数70以下を想定して消しとする。

 

イベリス73

近4走指数ベストは前走の阪神Cで73。

近4走指数は54→71→70→73。

4走前のキーンランドCのみ大敗だが、それ以外は70〜73程度で安定傾向。今回も最大で73程度を想定して抑え評価とする。

 

アイラブテーラー73

近4走指数ベストは4走前の淀短距離Sと2走前のタンザナイトSで73。

近4走指数は73→0→73→2。

4走前の淀短距離Sと2走前のタンザナイトSは指数73と好走しているが、3走前の高松宮記念と前走の淀短距離Sでは最下位と大敗。

ムラ傾向で今回好走するかは不明であるが、最大で73程度までを想定し抑え評価とする。

 

アフランシール72

近4走指数ベストは3走前の新潟日報賞で72。

近4走指数は69→72→67→70。

3走前の3勝クラス新潟日報勝を53kgで勝ってオープン入りした。

ただ、2走前の京成杯AHで67、前走のオーロCで70と伸び悩んでいる。

近2走は斤量52kgで指数70以下だったが、今回は斤量2kg増の54kgを背負うので、指数70以下を想定し消しとする。

 

カリオストロ72

近4走指数ベストは2走前の信越Sで72。

近4走指数は51→65→72→64。

2走前の信越Sでは斤量51kgの軽斤量で指数72と好走した。このレース以外は指数70以下の低値である。

さて今回だが、ベスト時から3kg増の斤量54kgを背負うので、指数70以下を想定し消しとする。

 

アンリミット72

近4走指数ベストは4走前の渡月橋Sで72。

近4走指数は72→70→30→ダート。

4走前の渡月橋Sで指数72とベストを更新しOP入りした。

3走前のパラダイスSでは指数70と落とし、2走前の朱鷺Sでは指数30で最下位と大敗している。そしてダートを使った前走も14着と大敗している。

近走は低値続きだし、年齢的にも上積みはないので、今回は指数70以下を想定し消しとする。

 

ビッククインバイオ71

近4走指数ベストは2走前のターコイズSで71。

近4走指数は66→70→71→70。

3走前の3勝クラス奥多摩Sで指数70とベストを更新しOP入りを決めた。

2走前のターコイズSでは指数71とベストを1ポイント更新。

前走のニューイヤーSでは指数70。近3走は非常に安定傾向である。

ただ、1400mが(3,0,0,1)で、1600mが(1,0,3,5)と得意距離は1400mだ。近走の指数は安定してしまっているが、近2走は1600mだったので、今回1400mに距離短縮となることで、指数を伸ばす可能性はある。最大で72までを想定し抑え評価とする。

 

ブランノワール71

近4走指数ベストは3走前の小倉日経OPで71。

近4走指数は67→71→66→69。

3走前の小倉日経OPは距離1800mで指数71。

他の3戦はいずれも距離1600mで指数70以下である。したがって、1400mへの距離短縮がプラスに働くとは思えない。今回は指数70以下を想定し消しとする。

 

アマルフィコースト70

近4走指数ベストは4走前のパラダイスSと2走前のラピスラズリSで70。

近4走指数は70→69→70→69。

近4走は69〜70と非常に安定傾向。今回も指数70程度を想定し消しとする。

 

メイショウショウブ70

近4走指数ベストは3走前の函館SSと2走前のUHB賞で70。

近4走指数はダート→70→70→62。

3走前と2走前で指数70と安定傾向。前走のキーンランドCでは差し優勢レースを先行して脚が無くなったため指数を62と落とした。

今回は指数70程度を想定して消しとする。

 

リリーバレロ70

近4走指数ベストは前走のトリトンSで70。

近4走指数は60→62→65→70。

長期休養明けとなった前走、3勝クラスのトリトンSを指数ベスト更新の70で勝利しオープン入りを決めた。

基本的に指数は上昇傾向であるし、休み明けの前走を叩いた上積みもあるため、今回も指数ベストを更新可能である。最大で73程度を想定し本命とする。

 

ヤマカツマーメイド68

近4走指数ベストは2走前の阪神Cで68。

近4走指数は58→62→67→66。

最大指数68では3勝クラスでも厳しい。指数70以下を想定して消しとする。

 

メイショウケイメイ66

近4走指数ベストは4走前の京都牝馬Sと2走前の信越Sで66。

近4走指数は66→65→66→62。

最大指数66で2勝クラスレベル。指数70以下を想定して消しとする。

 

まとめ

出走16頭の能力分析を行った。事前段階での予想は以下である。

◎リリーバレロ 想定指数73

△イベリス、アイラブテーラー、リバティハイツ、マリアズハート、ビッククインバイオ

 

 

本命馬の想定指数を73としたが、指数73はオープン特別平均レベルであり、重賞としてはレベルは低い。このような低レベルレースになるとどんな馬にも展開次第でチャンスは大きい。個別に見ても安定して好走を読める馬が少なく、人気してはいるが、最も馬券内の計算が立ちやすいリリーバレロを本命とした。以下指数72以上を見込める5頭を抑え評価とした。

 

馬券は現時点では以下のように考えている。

単勝◎

馬連◎ー5頭

ワイド◎ー5頭

 

 

あとは当日の馬場と馬体重も見てから結論を出す。

最終予想(印と買い目1500円分)は、Twitter@K16005で公開する。