【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2020キーンランドカップG3 全馬指数

スポンサーリンク

 

今週はキーンランドカップを予想する。

札幌芝1200mで行われる別定G3だ。フルゲート16頭での開催となった。

牡馬が56kg、牝馬が54kgだが実績のあるダイアトニックは58kg、ライトオンキューが57kgを背負う。

 

指数一覧

短距離重賞で活躍中のダイアトニック、ライトオンキューが出走しており当然レベルは高い。優勝想定ラインは、1200mG3としては高めの77に設定する。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 ダイアトニック       78

2位 ライトオンキュー      77

2位 エイティーンガール     77

4位 フィアーノロマーノ     75

4位 ビリーバー         75

4位 ディメンシオン       75

4位 ダイメイフジ        75

8位 メイショウカズヒメ     74

9位 カッパツハッチ       72

9位 イベリス          72

11位 ダイシンバルカン                    71

12位 メイショウショウブ                70

12位 アスタールビー               70

14位 クールティアラ                 69

15位 ショウナンアンセム        66

16位 ヤマカツマーメイド      64 

 

f:id:keibashisuu:20200829115725p:plain

 

馬場・展開予想

キーンランドカップは札幌2回6日目の開催だ。札幌開催は先週からCコース。

先週の時計を参考にすると、そこそこ時計の出る馬場だ。良馬場なら1分7秒5ぐらいの時計は出るだろう。ただし、土曜の夕方から札幌は雨。日曜日も一日中かなりの雨量のようで、重馬場、不良馬場が濃厚だ。最低でも1分9秒はかかるような重たい馬場になるだろう。したがって、1000直だったり、1200mでも高速馬場のスピードレースで好走してきた馬は信頼できない。1400mでも好走できるような馬ならば、スタミナが要されても問題ないだろうから、そのような馬を狙っていきたい。

先行or差しに関しては土曜日は若干差し優勢。土曜日は直線向かい風での差し優勢であり、明日は直線追い風。より差しが決まりやすい展開になるだろう。前が残れる展開にはならないので、中段程度に位置取れて、タフな馬場でも末脚を発揮できる馬を選択していきたい。

 

スポンサーリンク

 

 

ダイアトニック78

指数ベストは2走前の高松宮記念と前走の函館スプリントステークスで78。

近6走指数は78→73→75→76→78→78だ。

6走前のスワンステークスでは自己ベスト更新の78だ。

5走前のマイルCSでは物理的に届かない位置から差し遅れて指数73と落とした。また、この馬にマイルは長い。

4走前の京都金杯と3走前の阪急杯では、指数は75、76と安定傾向。

2走前の高松宮記念は得意条件の1200mに戻り、指数78とベストタイだ。不利を受けなければG1タイトルも手にしていただろう。

さて、京都金杯と阪急杯では75、76だったのだが、高松宮記念で78が出ているということで、距離は短い方がいいのだろう。1400m以上だとどうしても末脚が甘くなってしまうということだ。

前走の函館スプリントステークスも得意の1200mで78とベストを続けて出した。前走は58kgを背負っても78を出せたし、1200mなら死角はない。今回も58kgだが問題ないだろう。

1枠1番で近くにスタートの速い馬もいないので、結構前目の位置取りになってしまうので、差し優勢馬場で最後は苦しくなるかもしれないが、その辺は自力でなんとかしてくれるだろう。ここは能力最上位なので本命候補。

 

ライトオンキュー77

指数ベストは3走前の京阪杯で77。

近4走指数は75→77→72→76。

昨年にオープン入りし力を増した馬で、4走前のキーンランドカップでは自己ベスト更新の75。

3走前の京阪杯では再び自己ベスト更新の77だ。そこからドバイに空遠征した影響で半年空いた。

2走前の函館スプリントステークスでは高速馬場に対応できずに指数72と落とした。この馬の持ち時計は1分8秒1と遅く、1分7秒台の決着ではスピード負けするということであり、この配線は度外視でいい。

前走のUHB賞はオープン特別ながら76の高指数で圧勝。最後は流しており実質的には77〜78程度だろう。今回も重馬場以上で時計はかかるだろうし、現状の能力は出し切れる。能力的には本命候補。ダイアトニックより競馬しやすい枠にも入ったのはプラスか。

 

エイティーンガール77

指数ベストは4走前のシルクロードステークスで77。

近5走指数は73→77→74→72→70。

5走前のファイナルステークスで脚質を差しに変えてベストを更新、オープン入りした。

オープン入り初戦の4走前シルクロードステークスでは、53kgの軽斤量と差しが決まりやすい馬場、展開が味方し指数77と大きく伸ばした。

3走前の鞍馬ステークスでは、先行or差しはフラットぐらい。斤量2kg増の中、ほぼ最後方から猛然と追い込むも前を捉えきれずに、脚を余し指数は74と落とした。

2走前の函館スプリントステークスでは先行有利レースで差し遅れて72の低値。

前走のUHB賞では馬群に揉まれて持ち味が出せなかった。

このように、後方から確実に脚は使ってはくれるのだが、近2走は度外視可能で良い。4走前に53kgで77、3走前に55kgで74ということで、54kgなら75〜76は出るだろう。7枠で競馬もしやすいだろうし、差しが決まりやすい今回、好走できる可能性は高い。持ち時計が1分7秒8と遅いので、時計のかかるレースになるのも歓迎。能力通り3番手評価としたい。

 

フィアーノロマーノ75

指数ベストは3走前の阪急杯で75。

近7走指数は76→69→70→74→75→除外→74。

7走前のダービー卿チャレンジトロフィーではベストの76で重賞勝利。斤量は55kgと軽かった。

6走前の安田記念は69の低値。58kgの斤量を背負って指数を落としたし、距離も長かった。

5走前のマイルCSでは70の低値。長期休み明けで仕上がり途上だったことと、先行して脚が溜まらなかったことが敗因だろう。距離も長かった。

4走前の阪神カップでは74の高指数で重賞2着と好走。

3走前の阪急杯も75の高指数で重賞2着と好走だ。

2走前のマイラーズカップは除外となったが、前走の函館スプリントステークスでは74。

近4走は除外を除いて、74〜75で極めて安定傾向。

指数4位でそのまま指数通り評価して4番手としたい。

 

ビリーバー75

指数ベストは前走のアイビスサマーダッシュで75。

近5走指数は69→66→66→70→75だ。

5走前から2走前までは1200mや1400mで最大70のと低値続きだった。

前走はアイビスサマーダッシュで初の1000mとなったが、指数を75と跳ね上げた。

1000mに適性があったということだろう。今回は1200mで時計もかかるレースになるし、前走の再現性はない。指数面から消しでいい。

 

ディメンシオン75

能力分析

指数ベストは4走前の阪神牝馬ステークスで75。

近9走指数は74→74→71→69→71→75→取り消し→65→68だ。

9走前の関屋記念と8走前の京成杯AHで74とほぼこの馬のピークを迎えた。

7走前の府中牝馬ステークスで指数を落とし71、6走前のターコイズステークスも69と落とした。5走前の京都牝馬ステークスは若干戻すも71の低値だ。この3走は完全に力負けという感じで、本調子ではないようだった。

そして、4走前の阪神牝馬ステークスだが、ロスのない完璧な騎乗で能力の全てを引き出し75という高指数で復調。

3走前のヴィクトリアマイルは出走を取り消した。疲労の蓄積による軽度の右前肢跛行ということだった。

2走前のCBC賞では1200m戦で追走に苦労しているようだった。指数も65の低値だが適性はマイルなので度外視で良いだろう。

前走の中京記念では力負けで68の低値。

出走を取り消してから低値続きで本調子ではないようだし、すでにピークは過ぎている可能性は高い。また、CBC賞でも追走に苦労しているように1200mは距離が短い。指数面、適性面から消しで良い。

 

ダイメイフジ75

近走はダートを使っているので過去8走の指数を参照した。

ベストは前走の函館スプリントステークスで75。

近8走指数は60→70→59→ダート→ダート→ダート→ダート→75。

指数ベストの前走は先行有利馬場の恩恵を受けての好走である。指数は75だが馬場がフラットなら2、3ポイント落とす。さらに、今回は差しが決まりやすいレースということもあり、好走の可能性は低い。前走の再現性はないとして消しで良い。

 

メイショウカズヒメ74

指数ベストは前走のアイビスサマーダッシュで74。

近4走指数は71→61→50→74。

指数ベストは前走のアイビスサマーダッシュの74、指数2位も4走前のルミエールADで71。いずれも1000直であり、適性は1000mだ。むしろ800mぐらいが適性距離のように思える。

今回はタフな1200mなので適性は大きく異なるし、前走の再現性はないので指数面から消しで良い。

 

カッパツハッチ72

指数ベストは2走前のアイビスサマーダッシュと前走のUHB賞で72。

近6走指数は71→71→ダート→64→72→72。

指数71〜72で4度走っているように、能力はかなり安定傾向でここがピーク。重賞では完全に能力不足。また、差し優勢レースもマイナス。指数面から消しで良い。

 

イベリス72

指数ベストは2走前のアイビスサマーダッシュで72。

近6走指数は73→71→55→63→72→71。

6走前のセントウルステークスでは3歳で52kgの軽斤量で73という指数を出したが、その後は斤量増に対応できず、成長性も見られず低値続き。現状の状態では能力が足りないだろう。指数面から消しで良い。

 

ダイシンバルカン71

指数ベストは2走前の福島TVオープンで71。

近4走指数は63→60→71→68。

能力的には3勝クラスレベルであり、重賞では能力不足。年齢的に上積みも無いし、指数面から消しで良い。

 

メイショウショウブ70

指数ベストは2走前の函館スプリントステークスと前走のUHB賞で70。

近4走指数は68→ダート→70→70。

指数70では3勝クラスレベル。近走も上位クラスで完全に力負けであり、重賞では通用しない。指数面から消しで良い。

 

アスタールビー70

指数ベストは前走のしらかばステークスで70。

近4走指数は67→65→69→70。

近走は上昇傾向で、前走の3勝クラスを勝利しオープン入り。ただ、まだ重賞で好走するには時間がかかりそう。先行したら厳しいレースでもあるし、今回は消しで良い。

 

クールティアラ69

指数ベストは2走前の韋駄天ステークスで69。

近4走指数は55→52→69→59。

ベスト時1000直で、タフな1200mは合わないだろうし、そもそも69では3勝クラスレベルである。能力不足で消しで良い。

 

ショウナンアンセム66

指数ベストは2走前の福島TVオープンで66。

近4走指数は58→57→66→53。

過去には高松宮記念で76と好走したこともあったが、近走は低値続きで確実にピークは過ぎている。年齢的にも上積みはないし指数面から消しで良い。

 

ヤマカツマーメイド64

指数ベストは3走前のフィリーズレビューで64。

近4走指数は62→64→40→60。

初の1200mで斤量も51kg。未知な部分が多く、もし適性があったら好走する可能性もある。ただ、現状、持ち指数は64と低いので、消しで良い。

 

まとめ

本命候補がダイアトニック、ライトオンキュー。

能力はほとんど差がないので展開次第でどっちが勝ってもおかしくない。

3番手評価にエイティーンガール。近走は差し遅れて低値が続いているが、差しが決まるレースでは能力上位である。

4番手は安定傾向のフィアーノロマーノ。

純粋に指数通りの評価となったが、この4頭で勝負したい。

 

これにて事前予想を終了する。当日の馬場状態と馬体重を見てから最終結論を出す。買い目(1500円分)は@K16005で公開する。