【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2020北九州記念G3 全馬指数

スポンサーリンク

 

今週は北九州記念を予想する。

小倉芝1200mで行われるハンデG3だ。フルゲート18頭での開催となった。

トップハンデがレッドアンシェルで57kg。最軽量ハンデはカリオストロで51kgだ。

(モズスーパーフレアが牝馬で56.5kgなので実質的にはトップハンデ)

 

指数一覧

G1馬のモズスーパーフレアに加え、重賞勝利馬も多数出走しておりメンバーレベルは高い。ただ、指数上位馬が重いハンデを背負うこともあり、優勝想定ラインはG3として平均レベルの76に設定する。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 モズスーパーフレア   78

1位 ラブカンプー      78

3位 アウィルアウェイ    77

4位 ジョーカナチャン    75

4位 レッドアンシェル    75

4位 アンヴァル       75

7位 ダイメイプリンセス   74

8位 トゥラヴェスーラ    73

8位 タイセイアベニール   73

8位 メイショウキョウジ   73

8位 ジョイフル       73

12位 プリディカメント    72

13位 クライムメジャー    71

14位 ブライティアレディ   70

14位 メジェールスー     70

16位 カリオストロ      65

17位 マイネルグリット    61

18位 ゴールドクイーン    53

 

f:id:keibashisuu:20200823011020p:plain

 

馬場予想

北九州記念は小倉2回4日目の開催だ。先週までに引き続きAコースでの開催だ。

今開催の小倉はかなり時計の出る高速馬場。1分6秒台後半が出るような馬場状態だ。持ち時計の遅い馬は軽視としたい。

また、土曜日の馬場状態を見ると、芝8レースの連対馬16頭の中、12頭が4コーナー3番手以内の先行馬だった。先行有利馬場として前目に位置取れる馬を重視したい。

 

スポンサーリンク

 

 

 

展開予想

逃げ馬はモズスーパーフレア。調教師も一人旅に持ち込みたいと言っているように高速馬場の持ち時計勝負に持ち込むだろう。2番手以降にカリオストロ、ジョーカナチャン、ラブカンプーが続く。ほぼ確実にハイペースの持ち時計勝負になるだろうが、差しが決まるような馬場状態ではないので、前目に位置取れて高速馬場に対応できる持ち時計のある馬を狙っていけば良い。

 

スポンサーリンク

 

 

モズスーパーフレア78

指数ベストは4走前のスプリンターズステークスで78。

近4走指数は78→68→73→77だ。

まず、この馬の好走条件はハイペース逃げのタイムトライアルレースである。

4走前のスプリンターズステークスでは得意の中山で勝ち時計1分7秒1の高速馬場で能力を発揮できて78の高値だ。

3走前の京阪杯は、緩め仕上げかつ時計のかかる京都の馬場もマイナスで指数を落とし68だ。

2走前のシルクロードステークスでは状態抜群ながら時計のかかる京都の馬場を苦にして指数72の低値だ。

前走の高松宮記念は得意ではない中京競馬場で馬場も重かったのだが、単騎でマイペース逃げができて馬場の良い内を通ることもあって77の高値だ。

さて、今回だが1分7秒を切るような高速馬場であり能力が発揮できる舞台ではある。現状の能力の78から、斤量56.5kgを背負うことと休み明けということで指数を落とし75程度と想定する。相手関係次第ではあるが重めの印を打つ。

ラブカンプー78

指数ベストは2走前のCBC賞で78。

近4走指数はダート→66→78→70だ。

3歳時には80近い指数で走っていたのだが、その後停滞し、2年間ほぼ2桁着順だった。

2走前のCBC賞では突然復調し、78の高指数を出した。ただし斤量51kgだったし、単騎のマイペース逃げが出来ての指数なので再現性はない。今回は54kgを背負うし先行馬も揃っている。今回は能力が発揮できないとして、指数面から消しで良い。

 

アウィルアウェイ77

能力分析

指数ベストは3走前のシルクロードで77。

近4走指数は71→77→68→70だ。

4走前の京阪杯は、位置取りが後方からになり差し遅れて指数が出なかった。

3走前のシルクロードステークスは、斤量55kgを背負いながら指数を大幅上昇させ77と高指数をマーク。ただし、このレースは外差し優勢馬場とハイペースの恩恵を受けており、指数ほど評価はできない。

逆に2走前の高松宮記念では先行有利馬場になり、後方から逆展開を差し切るだけの力はなく68の低値だ。

前走のCBC賞も先行有利馬場を最後方から差し遅れて70の低値だ。

このように後方から末脚に賭ける競馬をし展開が合えば好走、合わなければ凡走という馬である。今回高速馬場の前残りレースで後方から差し遅れる可能性が高い。自身の持ち時計も1分8秒2と遅く、持ち時計勝負では分が悪い。適性面から指数を落とすとして消しで良い。

 

ジョーカナチャン75

指数ベストは前走のアイビスサマーダッシュで75。

近4走指数は72→70→73→75と上昇途上だ。

2走前の韋駄天ステークスで73、前走のアイビスサマーダッシュで75と2走続けてベスト更新中だ。いずれも1000直ではあるが、4走前の淀短距離ステークスでも72と好走できており1200m自体は問題ない。

今回も前走に引き続き状態は良さそうだし高速馬場の先行有利レースも歓迎である。ただ、先行馬が揃っているという懸念もあるし前走から1kg増もある。指数は最大で前走並みと見積もりたい。まず抑え以上の印は打つだろう。

 

レッドアンシェル75

能力分析

指数ベストは4走前のCBC賞(2019)で75。

近5走指数は75→75→23→70→72だ。

6走前までは3勝クラスで1400m以上の距離を使っていたが、2、3着が多く勝ち切れなかった。5走前の彦根ステークスで1200mへシフトしてベスト更新。1400m以上では末脚が甘くなってしまうことが多かったが、1200mでは最後まで伸びきることができている。適性は1200mだろう。彦根ステークスは、全体1分7秒3、上がり32.8秒と高速馬場にも対応できることを示した。

また、4走前のCBC賞(2019)では、不良馬場だったが、もともと長い距離を走っていたこともあって、終いが甘くなることはなかった。1200mならあまり条件を選ばないという認識で良い。

このCBC賞の好走後は脚部不安で休養に入っており、3走前の阪急杯が7ヶ月ぶりの出走となった。しかし、ゲートでどこか痛めた可能性があり、追い出してみても異変を感じたため、レースを辞めたとのことだった。指数は23と低値だ。

2走前の京王杯スプリングカップでは、追い切りからは復調気配があったが、結局指数は70と低値だった。

前走のCBC賞では、先行有利馬場の恩恵を受けることはできたが、指数は72の低値。脚部不安後は72が最大であり、能力は下降線に入っている。

今回は斤量57kgを背負うし、現状の72では足りない。指数面から消しで良い。

 

アンヴァル75

能力分析

指数ベストは前走のCBC賞で75。

近6走指数は75→75→16→66→62→75。

6走前のシルクロードステークス(2019)、5走前の北九州記念で75とここがピーク。

4走前から2走前までは3走続けて66以下の低値と凡走が続いている。

ただ、前走のCBC賞で復調し再びベストタイの75をマークした。前走のように前目につけれれば先行有利馬場の恩恵も受けれるし、持ち時計も1分7秒3がある。ベストの75程度を見積もり重めの印は打ちたい。

 

ダイメイプリンセス74

能力分析

指数ベストは前走のアイビスサマーダッシュで74。

近6走の指数は75→71→70→55→73→74だ。

6走前のスプリンターズステークスでは75と高指数。

その後の3走は冬場で走れず低値続きだ。

 

2走前の韋駄天ステークスで73、前走のアイビスサマーダッシュで74と夏場は安定して走っている。

この馬は全7勝を全て5月から9月の間であげている一方で、11月から3月の5ヶ月では(0,1,0,14)と壊滅的だ。

さて、今回だが8月なので力を発揮できることと思う。ただ、1200mではほぼ後ろからの競馬になるし、先行有利レースではマイナス。昨年と比べても若干能力が落ちているようだし、最大で抑えまでで基本的には消しとしたい。

 

トゥラヴェスーラ73

指数ベストは前走の福島テレビオープンで73。

近4走指数は70→72→72→73と微増中で安定傾向だ。

斤量は前走から1kg減であり75程度までは上昇可能だ。

前目に位置取れるのも良い。持ち時計が1分7秒7とあまり早くないのは懸念ではあるが、抑え程度までは評価したい。

 

タイセイアベニール73

指数ベストは2走前の鞍馬ステークスと前走のCBC賞で73。

近4走指数は70→72→73→73と上昇傾向かつ安定傾向。

6走前までは18戦して2勝クラスを勝ち上がれずだったのだが、5走前に2勝クラス、4走前に3勝クラスと連勝でオープン入り。昨年冬に本格化したということだ。

そして、3走前の春雷ステークスでは72とベスト更新。2走前の鞍馬ステークスでは73とベスト更新中だ。

前走のCBC賞こそ指数据え置きだったが、先行有利レースを後方から差し遅れての73だ。能力的には現状でも75程度まで出せる力はある。

ただ、持ち時計が1分7秒7とそこまで早くない。また、今回も先行有利レースであり、前走のように後方から取り零す可能性も大きい。能力はあるが適性面、展開面で評価を落とし、最大で抑えまでとしたい。

 

メイショウキョウジ73

指数ベストは4走前の北九州短距離ステークスで73。

近4指数は73→70→71→64だ。

ベスト時の北九州短距離ステークスは勝ち時計が1分10秒の重馬場だったし、この馬自身の持ち時計も1分8秒と遅い。馬場が渋った方が得意な馬であるので、今回の高速馬場はマイナスである。適性面で評価を落とし消しとしたい。

 

ジョイフル73

指数ベストは4走前のシルクロードステークスで73。

近5走指数は75→73→62→58→68。

まずは、5走前までは上昇傾向でタンザナイトステークスで完全に本格化した。指数は75で斤量は54kgだった。

4走前のシルクロードステークスでは斤量2kg増の56kgに対応できず、指数を73と落とした。

3走前の阪急杯、2走前の米子ステークスと62、58と近走は低値続きだ。

前走のCBC賞も力負けで68の低値だ。

このように近走は不調気味で能力が発揮できていない。

持ち時計も1分8秒6と遅いので高速馬場に対応できないだろうし、後方から差し遅れる可能性も高い。近走低値続きということもあるし、消しで良い。

 

プリディカメント72

指数ベストは前走の福島テレビオープンで72。

近4走指数は69→69→62→72。

前走の72から2kg減であるので、斤量分だけ上昇は可能であるので、能力的には足りる計算になる。ただし、後方から末脚に賭ける競馬をするタイプであり、今回の先行有利レースではマイナス評価である。持ち時計も1分8秒7と遅く、高速馬場に対応できない可能性も高いし、消しで良い。

 

クライムメジャー71

指数ベストは前走の福島テレビオープンで71。

近4走指数は68→53→51→71。

指数ベストの前走から2kg減なので斤量分の上昇は見込めるがそれでも足りないだろう。

ただし、1200mの持ち時計は1分8秒7と遅い(1度しか走っていないが)。

能力も足りないし適性も合うとは言い難いので消しで良い。

 

ブライティアレディ70

指数ベストは前走の水無月ステークスで70。

近4走指数は66→68→68→70と安定傾向。

指数ベストの前走から2kg減なので斤量分の上昇は見込める。

また、先行できるのは良い。持ち時計も1分7秒6とそこまで早いわけでもないが、内枠を活かして前で運べれば人気的には面白い存在。小倉競馬場も得意としているし、最大で抑えまでは考えたい。

 

メジェールスー70

指数ベストは3走前のアクアマリンステークスと2走前の阪神牝馬ステークスで70。

近4走指数は66→70→70→49。

3走前までは上昇傾向だったが、3走前と2走前は70で安定している。前走のヴィクトリアマイルは高速レースについていけずに49と指数を落とした。

軽斤量ではあるが、それでも能力的には足りないし、持ち時計1分8秒1も遅い。指数面、適性面から消しで良い。

 

カリオストロ65

指数ベストは前走の橘ステークスで65。

近4走指数は59→63→51→65と基本的には成長中。

今回51kgの軽斤量であり、前につけれたら面白い存在だとは思うが、1200mの高速馬場に対応できるかが未知である。少なくとも前走から距離短縮でいきなりスピードレースでは戸惑ってしまうのではないか。

前目に付けれるのは良いし、斤量分と成長分で伸ばす可能性は大いにあるので、最大で抑えまでは考えたいが、根本の能力がまだ足りないので基本的には消しでとしたい。

 

マイネルグリット61

指数ベストは2走前の橘ステークスと前走の葵ステークスで61。

橘ステークスから5kg減は魅力であるし、斤量分の上昇はあるだろうが、それでも持ち指数61から重賞で好走まで上げるのは考えにくい。能力不足で消しとしたい。

 

ゴールドクイーン53

指数ベストは前走のアイビスサマーダッシュで53。

近4走指数はダート→ダート→ダート→53。

前走以外はダートなので指数は出していないが、前走を見る限り芝では通用しないと考えて良い。指数面から消しで良い。

 

まとめ

出走全18頭の能力分析を行った。

現時点での本命はアンヴァル、対抗にモズスーパーフレア、3番手評価はジョーカナチャンだ。いずれも前につけれるし、高速馬場での好走経験もあり適性は十分。

能力はモズスーパーフレアが一番上だが前哨戦かつ56.5kgを背負うし人気も考慮して、アンヴァルを本命とした。

4番手にはトゥラヴェスーラでここまでは印を打ちたい。

あとはブライティアレディ、カリオストロ、ダイメイプリンセス、タイセイアベニールらも抑える可能性はある。

 

これにて事前予想を終了する。当日の馬場状態と馬体重を見てから最終結論を出す。買い目(1500円分)は@K16005で公開する。