【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2020函館スプリントステークスG3 回顧

スポンサーリンク

 

ビットフライヤーのCMに齋藤飛鳥。これは名采配だし単純に嬉しい。普及にも一役買いそう。

 

さて、今週は函館牝馬ステークスを予想したので回顧を行う。

初めに、事前予想を振り返る。  

www.keibashisuu.com

 

出走馬の近4走指数と追い切り評価は以下である。 

JRA芝近4走最大指数

1位 ダイアトニック    78  B

2位 ライトオンキュー   77  B

2位 エイティーンガール  77  C

4位 シヴァージ      76  A

5位 フィアーノロマーノ  75  B

6位 マリアズハート    74  C

6位 ティーハーフ     74  B

8位 グランドボヌール   73  B

9位 ミキノドラマー    72  C

9位 メイショウショウブ  72  C

11位 ダイメイフジ      71  B

12位 スイープセレリタス   70  B

12位 ジョーマンデリン    70  B

12位 アリンナ        70  B

15位 スリーケープマンボ   66  B

16位 リュウノユキノ     60  C

 

f:id:keibashisuu:20200619230318p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

レース内容

まずは、レースを振り返る。

良馬場で勝ち時計は1分7秒5。そこそこ時計の出るレースで、やや高速馬場の部類に入るだろう。スピードの絶対値が出せることが必要なレースだった。また今週の馬場は基本的に前残り傾向が強かった。

ラップタイムは12.0 - 10.4 - 11.0 - 11.2 - 11.1 - 11.8。

前半600mー中盤600mー後半600mが、33.4秒-35.1秒で字面はハイペースだった。

ただし、向正面が追い風で、直線が向かい風であり、これを考慮したら平均ペース程度だろう。そして、直線向かい風では差しが決まりにくく前々で決まったレースとなった。

逃げと2番手のワンツーであることからも、先行有利だったと言える。

実際前にいた6頭(ダイメイフジ、ダイアトニック、グランドボヌール、ライトオンキュー、ジョーマンデリン、メイショウショウブ)程度までしか勝てる位置にはいなかった。後方からは取り零し馬が多発している。

勝ち馬のダイアトニックは完璧な競馬をしており、指数は78と高値。G3としては高めのレベルになった。ただし、2着以下は引き離しており、2着以下は平凡なG3連対級。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1着 ダイアトニック

「先行有利レースの恩恵を受けることができたし、1200mでは力上位。」

好スタートを切ってすんなり2番手につけることができた。ペース的にも楽な展開で、後は直線抜け出すだけ。指数1位で能力的にも抜けていたし完勝だった。指数は78と自己ベストタイで斤量増に対応してきた。もともと斤量増で指数を落とすタイプだったが、今回は指数維持ということで純粋にここへきて力を増していると言うことだ。また、これで2戦続けて1200mで指数78とベストを出し続けており、1400、1600mよりも1200mに適性があるようだ。

今後だが、指数78が安定して出せれば短距離重賞なら常に勝ち負けレベルだ。G1となるともう1枚能力を上げる必要があるが、近走の充実ぶりを見る限りスプリンターズステークスでさらに力をつける可能性もある。スプリンターズステークスは57kgだし、指数80オーバーで勝ち負けも期待できる。ただし、今のスプリント路線はおそらくグランアレグリアが最強の壁となるだろう。

 

2着 ダイメイフジ

「先行有利レースの恩恵を受けることができた。」

逃げて前々で決まるレースの恩恵を受け、そのまま2着と雪崩れ込むことができた。指数は75とベスト更新だが、展開利で指数を伸ばした部分が大きく、このレースで能力を評価することはできない。まず展開利を受けずに先行or差しフラットの地力勝負になっていたら2、3ポイント落としているだろうな。

今後も先行有利と想定する時は重賞でも抑えたいが、フラットな馬場、展開ならばオープン特別程度だろう。

 

3着 ジョーマンデリン

「前々の好位置を取ることができたが決め手を欠いた。」

4番手追走で、十分能力を出し切れる位置取りだった。直線は他馬と脚色が一緒になってしまったが、指数74とベスト更新であり、この馬なりによく頑張った結果と言える。

連闘で前走を叩いた分と、前の好位置を取ることができた点がベスト更新の要因だ。

今後だが、今回は相当展開利も受けているので、次走この再現が出来るかは微妙だ。そもそも74では重賞勝ち負けには物足りないし、まだ重賞で戦う力はない。ただし、近走はまだ上昇傾向であり、今後の成長分にも期待できる。

 

4着 フィアーノロマーノ

「中段から取り零してしまった。」

コーナーでは7番手の外側を回していたが、今回の展開では届きようの無い位置取りだった。もう少し前につけれていたら2着まではあったか。

指数は74で、ベスト指数が75なのでほぼ能力通り走ったと言える。能力はここ1年ほど安定しており、ピークが75程度だろう。この指数ではやや低レベルな重賞なら勝ち負けと言うところか。ここからの成長分も無いので、重賞では相手関係で着順が決まるだけ。

 

5着 シヴァージ

「後方からかなり脚を余してしまった。」

後方待機で直線に入った時はほぼ最後方の外。そのまま馬場の真ん中を物凄い豪脚で追い込むも、今回の展開では差し届くのは不可能だった。今回の敗戦は展開不向きで度外視とする。

指数は、上がり補正も入って75と力があることは示せている。前にいてもそれなりに脚は使えただろうから、実質77程度の力は持っているだろう。これで近3走は75→76→75と高値安定かつ、実質的には成長中と言える。今回の2着以下の中では、能力最上位という判断で間違いない。今後も後方待機の競馬が続くだろうから、展開に左右されはするのだが、能力は十分にあるので、展開が向きそうなら積極的に狙いたい。差しも決まるフラット馬場なら、能力的にはG3勝ち負けレベルだし、ここからさらに成長傾向を維持できればG2、G1とさらに上の舞台も見えてくる。今後の成長に期待。

 

スポンサーリンク

 

 

6着 ライトオンキュー

「スピードレースに対応できなかった。」

4番手集団に位置取り、位置取りとしては絶好だったのだが、道中は追走に苦労している様子だった。そして直線に入った時には、脚を使い果たしており最後は伸びを欠いた。指数は72とこの馬の近走と比較すると低水準。

今回の勝ち時計は1分7秒5だが、この馬の走破タイムは1分8秒1だった。この時計はライトオンキューの1200mの持ち時計と同じであり、自身はベストタイムで走ることができている。ただし、これ以上時計は出せないようで、高速馬場のスピードレースには対応できないようだ。本命にしていたのだが、事前予想にも書いていた持ち時計がないという懸念事項が当たってしまった形になった。

1200mならもっと時計のかかるレースの方がいいだろう。また1200mのスピードレースに向いていないが、1400m戦なら合うかもしれない。今後は1200mならもう少し馬場の重たい時に、1400mなら馬場不問で狙ってみたい。1200mで馬場が重くなれば能力的にはG2勝ち負けレベルの能力はある。

 

7着 エイティーンガール

「後方から脚を余してしまった。」

後方追走から、直線はインコースの馬群を捌きリカバリーした。ただし、それでも今回のレースでは届く位置取りではなかった。直線は伸びてはいるのだが脚を余してしまっている。指数は72と低値だが、度外視可能な敗戦だ。

2走前のシルクロードステークスは展開が向いて77。今回は逆展開で72であり、能力的にはその中間の75ほどだろう。重賞では1枚足りないが、差しが決まるようなレースであれば展開利込みで勝ち負けに期待したい。

 

8着 ティーハーフ

「後方から脚を余してしまった。」

後方待機から4コーナーでは馬群を捌いてある程度はリカバリーできたが、それでも物理的に不可能な位置取りだった。指数は72と前走から2ポイント落としたが、差し遅れた分だろうから度外視可能で良い。さて、今後だが前走並みの74が現状の能力と考えると重賞ではやや能力不足か。現状ではオープン特別程度までだろう。

 

9着 マリアズハート

「後方から脚を余してしまった。」

後方待機から直線は外に出すも、物理的に届く位置取りではなかった。指数は72の低値だが展開不向きで度外視可能。能力としては前走並みの74があるし、まだ上昇傾向であるので、展開が向くようなら今後重賞でも戦えるようになるだろう。

 

10着 メイショウショウブ

「能力が足りなかった。」

4番手追走で勝ち負けできる位置取り。ただし、能力が足りずそこから伸びることができなかった。今回の指数は71で、近4走ベストが72であることを考えると、この馬自身は自分の実力を出し切れていると言える。今後だが、この能力ではオープン特別でも足りないだろう。低レベルオープン特別で展開が相当向いて馬券内までという感じか。

 

スポンサーリンク

 

 

11着 アリンナ

「後方から差し届かずだが、基本的に能力不足。」

後方待機で直線は外に出すが、物理的に届く位置取りではなかった。ただし、それを考慮しても最後は脚を余しているわけではなく、他馬と脚色が同じだった。重賞では能力不足と言えるだろう。一応指数は70で、ベストの前走と同値なのでこの馬自身は力を出し切れているということになる。今後だが、能力的には3勝クラスまでであり、年齢的にも頭打ちなので、オープン以降での好走は難しいだろう。

 

12着 スイープセレリタス

「最後方から脚を余した。」

最後方追走で直線も大外に出して追い込んできた。今回の展開、馬場では物理的に届く位置取りではなく、レースに参加していないようなものだ。ただ最後はよく頑張って追い込んでおり指数は69とベストにの前走に1ポイント差とよく頑張ってはいる。まだ能力的には足りないが上昇余地はあるし、今後の成長に期待である。

 

13着 グランドボヌール

「先行して脚が溜まらなかった。」

前目の位置取りで、ポジション的には良かったが追走で脚が無くなったのか早めに沈んでしまった。指数は69とベスト時の73に比べたら振るわず。1200mの持ち時計が1分8秒1なので、高速レースについていくので精一杯だったか。もう少し中段で脚を溜める競馬の方があっているだろう。今後だが、持ち指数73ではオープン特別クラスまでだろう。展開が合っても重賞では足りない。

 

14着 スリーケープマンボ

「能力が足りなかった。」

中段から伸びを欠いて14着まで。ただし指数は67で、2走前にマークした自己ベストを1ポイント更新している。能力の割に健闘した方だと思うが、重賞で通用するレベルではないということだ。まずは、自己条件の3勝クラスを勝ち上がるところからではないだろうか。

 

15着 リュウノユキナ

「能力が足りなかった。」

中段から伸びを欠いて15着まで。近走はダートを使っていて芝での能力が測れていなかったが、今回の指数は67と低値で、重賞でどうこうできるレベルではなかったということだ。ダートではオープン入りできたが、芝では3勝クラスは勝てないレベル感だろう。

 

16着 ミキノドラマー

「能力が足りなかった。」

過去にはオープン特別でも好走していた馬だが、近走は低値続きで能力的には下降線に入っている。今回も中段から全く伸び切れず最下位ということで、既にオープン以降で戦える力はないだろう。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

もともと先行有利傾向の強い今週の開催で、直線向かい風もあって差しが決まりにくいレースとなった。前目にいた6頭ほどしか勝てる位置におらず、能力通り決まりにくいレースであったことも荒れた要因だろう。

勝ち馬ダイアトニックは位置取りも完璧で能力上位でもあったことで、楽勝であった。2着ダイメイフジ、3着ジョーマンデリンは好位置を取れたことで馬券内雪崩込めたこともあり、重賞で勝ち負けできるレベルにはないだろう。ただし、ジョーマンデリンはまだ成長途上なので今後に期待ができる。4着フィアーノロマーノは能力通り走っており、能力的にはピークを迎えて安定傾向。重賞ではやや足りない感じ。5着シヴァージは明らかに差し届かない位置から強引に追い込んで5着まで来ており、今回の2着以下では一番強い内容だったと言える。まだ成長余地もあるし、展開が向くなら重賞でも楽しみな存在である。最後に本命にしたライトオンキューだが、追走に苦労している感じを見る限り高速馬場のスピードレースにはついていけないタイプだろう。その可能性は考慮の上で、オッズ5.1倍なら期待値的に買いと判断したが、悪い方に目が出てしまったということだ。

これで、回顧を終了する。来週は宝塚記念。春のグランプリを決めるレースで当てて締めくくろう。