【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2020福島民報杯 OP(L) 回顧

スポンサーリンク

 

皐月賞ではコントレイルが強すぎた。後方から大外ぶん回しになったけど、ロスも関係なく能力で圧勝。2歳時から仕上がっていた馬だけど、ここから成長したら大変なことになる。ディープインパクト産駒の最高傑作として期待したい。

 

さて、今週は福島民報杯を予想した。

回顧を行おう。

 

初めに、事前予想を振り返る。

www.keibashisuu.com

 

そして、事前予想の指数と追い切り評価は以下である。 

 

1位 マイネルファンロン  76 C

2位 ウインイクシード   74 B

3位 ゴーフォザサミット  73 B

3位 レッドローゼス    73 A

5位 マイネルサーパス   72 A

5位 サンマルティン    72 C

7位 エアアンセム     70 C

7位 プレシャスブルー   70 B

7位 ゴージャスランチ   70 A

7位 ドミナートゥス    70 A

7位 ヤマカツライデン   70 B

7位 シャイニープリンス  70 C

13位 ゴールドサーベラス  69 C

13位 イレイション     69 B

13位 アドマイヤアルバ   69 A

13位 ミュゼエイリアン   69 B

 

f:id:keibashisuu:20200416234816p:plain

 

続いて、最終予想と買い目を振り返る。

◎マイネルサーパス

△ゴーフォザサミット

△プレシャスブルー

△レッドローゼス

△ウインイクシード

△ドミナートゥス

 

馬連 ◎ー5頭 各100円 計500円

三連複 ◎ー5頭ー5頭 各100円 計1000円

 

馬券は1頭軸の馬連と三連複。

マイネルサーパスは自信の本命。相手に5頭を選択した。

予想の意図を書いていこう。

まずは、馬場だが前日の雨の影響もあり時計のかかるタフな馬場。

位置取りは先行でも差しでもOKのフラット馬場。

したがってタフな馬場適性でのスタミナ比べに適性のある馬を重視していった。優勝想定ラインは73としていた。

◎マイネルサーパス

指数5位の72だが、追い切り抜群で一段上のステージへの成長を感じた。不良馬場のラジオNIKKEI賞で2着とタフな馬場にも問題ない。上昇分を考慮して余裕で73以上で走れるとして本命だ。

△ゴーフォザサミット

追い切り平凡で上積みはないながらも、現状の能力で足りるので、72ほどで走れるとて抑えた。

△プレシャスブルー

タフな馬場での好走経験あり。指数ベストは70で能力的には足りないが、2kg減で上昇させる可能性があったので抑えた。

△レッドローゼス

現状の指数73で足りるし、タフな馬場でも好走経験がある。ただし、最近は位置が取れなくなったいることから、差し遅れるリスクがあるので、それを考慮して抑えまでとした。

△ウインイクシード

前走大敗も距離が長かったため度外視可能。72〜73程度で走れるとして抑えた。

△ドミナートゥス

指数ベストは70で足りない。追い切りで成長分を感じたため、上昇見込みから抑えた。

 

このようにマイネルサーパスが73以上。他の5頭が72〜73程度で走れるとして印を打った。

したがって、持ち指数が72以上で 消した馬について理由を書いていく。

指数76のマイネルファンロン

ベスト時は高指数だが、近3走は66以下の低値。追い切りからも復調気配がなかったので消し。

指数72のサンマルティン

ベスト指数は1年以上前。追い切りも目立たず、能力的にも下降線のため消し。

 

結果は、

1着 マイネルサーパス ◎

2着 ドミナートゥス △

3着 ウインイクシード △

4着 レッドローゼス △

5着 マイネルファンロン 無

 

ということで、本命のマイネルサーパスが1着の完勝。

2着から4着にも抑えた馬が入り、予想としては完璧と言える。馬連・三連複の的中だ。

のはずだったのだが、マイネルサーパスの馬番を9番と勘違い(10番が正解)するミスで不的中だ。やっちまったな。久しぶりの的中だったのに勿体ない。回収率にも響いちゃうな。

残念は残念だが、まあ予想は的中なので、その前提で回顧を書いていく。的中要因を中心に振り返る。

 

スポンサーリンク

 

 

レース内容

まずは、レースを振り返る。

時計に関して、事前予想では「2分以上かかるスタミナレース」と書いていた。結果は、2分1秒8。まあここは、馬場を見る限り的中して当然だろう。

ラップタイムは、12.2 - 10.9 - 11.2 - 13.1 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 12.2 - 12.3 - 13.2

前半1000mー後半1000mは59.9秒ー61.9秒と2秒の前傾ラップだ。馬群も縦長ということではなかったので、純粋にハイペースだろう。勝ち馬マイネルサーパスは中段より後ろ、2着ドミナートゥス、3着ウインイクシードは中段よりやや前程度であり、中段付近がベストポジションだ。レース上がりも37.7秒とタフで、中段付近からスタミナ適性のある馬が伸びてこれるレースだった。 

位置取りは不問でスタミナ適性のある馬を選択していたのは結果的にも正解だった。昨晩の極端な大雨で判断が容易なレースだった。その上で、しっかり馬の能力・適性を見抜くことができての的中だった。

それでは、各馬の回顧を行なっていこう。

 

スポンサーリンク

 

 

1着 マイネルサーパス

「タフな馬場に適性があった、成長分もあり圧勝。」

不良馬場のG3、ラジオNIKKEI賞を制しているように馬場適性には不安なし。

そして、追い切りが抜群で成長分を感じられた。それもただの成長分ではなく、確実に馬として一段ギアが上がったような好追い切りで、追い切り分析の素人にもわかるレベルだった。

指数72から確実に上昇させてくれると判断し、自信の本命。

その読みは当たり、指数75と自己ベストを更新。オープン特別にしては高指数が出た。

内容も中段待機から大外ぶん回しの横綱競馬で着差以上の完勝だ。

現状の指数の75では低レベル重賞なら通用するし、まだ成長中なので今後も期待が持てる。タフな馬場では積極的に狙っていきたい。

 

2着 ドミナートゥス

「好追い切りで復活の一戦。」

持ち指数は70と足りない上に、前走は65の低値だ。ただし、今回は長期休み明けの叩き2戦目で追い切りも抜群だった。それもあって、自己ベスト更新の指数72で2着と好走だ。長期休養明け前の指数を上回り復活の一戦と言える。

レースは中段より前目に位置取り、 前の馬が失速する中早めに前を捉えにいった。そのままスタミナ比べになったが、好走できた。参考レースが少なく、スタミナ適性は不明だったが、本レースを見る限りどうやら問題は無いようだった。

結果的に指数へベスト更新で、成長途上であるため今後も期待できる。オープン特別では安定して勝ち負けできるだろう。

 

3着 ウインイクシード

「能力通り走ることができた。」

近4走指数は72→72→74→62と距離延長で度外視可能の前走を除き安定傾向。

今回もベスト時から1kg増の中で、結果的に指数は72。能力を出し切れたと言える。

レースは中段よりやや前からのスタミナ比べで、守備範囲内の2000mならば距離も問題なかった。

今後は、能力的には上積みはないが、現状の能力ならオープン特別勝ち負けまではあるだろう。重賞ではやや足りなくて、軽斤量で低レベルなら馬券になれるレベルか。

 

4着 レッドローゼス

「脚を余してしまった。」

追い切り抜群で国枝調教師も近走で一番良いと評したほど状態が良かった。

持ち指数73で追い切りからも上昇を感じさせたにも関わらず、抑え評価に留めたのは、後方から差し遅れるリスクがあったからである。近走は行き脚がつかないことが多かったので、状態抜群でも展開的に能力を出し切れることはないだろうなと思っていた。

結果的に指数は72で、ベストの73には及ばなかった。状態抜群ながら指数が伸び悩んだのは、後方から差し遅れて脚を余したためであり、完全に想定通りだった。

今後も行き脚がつかないレースが続くだろう。能力はあるのだが、相当差しが決まるスタミナ比べにならない限り好走は難しいかもしれない。レースを見極めて狙っていきたい。

 

スポンサーリンク

 

 

5着 マイネルファンロン

「結構頑張った。」

指数ベストは4走前の76ながら、近3走は66以下の低値続きだった。

今回は71と、近3走を考えると頑張った方だと思う。4走前のようにタフなレースになったのが向いていたのもあるだろう。ただし、現状の能力では足りなく5着まで。

今後も能力的には足りないし、スタミナ適性が問われるレースでしか好走できないこともあり、オープン特別でもなかなか狙えない。

 

6着 ミュゼエイリアン

「能力通り走れたが、相手関係で6着まで。」

ベスト指数69に対し、今回は66。

距離延長でタフなレースになったにしては、よく頑張った方ではないか。

今後も能力的には足りないのでオープン特別では買えない。

 

7着 ゴールドサーベラス

「能力が足りなかった。」

近走の指数範囲内で走れているが、そもそもの能力が足りなかった。今後も能力不足なので買うことは無い。

 

8着 プレシャスブルー

「2000mでタフな馬場になり距離が問われて厳しかった。」

WASJ4で上がりのかかるレースを制しているようにタフな馬場は問題ないと判断していた。ただし、これまでの良績が1800mに集中していることと、WASJ4と比べても2秒ほどレース上がりがかかったこともあり、最後は甘くなってしまった。ちょっとタフなぐらいは良いが、今回ほどの重さで2000mでは距離が問われて厳しかったということだ。

今後はまずは現状の持ち指数から3ポイントほど伸ばして、オープン特別を勝つところからだろう。現状の能力では足りないので、ハンデ戦で軽斤量を得るか、成長分が必要になる。

 

スポンサーリンク

 

 

9着 サンマルティン

「能力が足りなかった。」

競走中止の前走を除くと、直近の指数は2走前の59。今回は60であり、現状の能力は安定してこの辺りと言える。能力的に足りずに凡走となった。

 

10着 アドマイヤアルバ

「能力が足りなかった。」

近走と同程度の指数で走れているのだが、能力が足りなかった。タフな馬場も厳しかった。

今回は追い切りが良かったので、敗因がタフな馬場だとすれば、良馬場でもう一度見てみたい。またせん馬になっての初戦であることも加味して、まだ買う可能性はある。

 

11着 ゴージャスランチ

「タフな馬場が厳しかった。」

前走タフな馬場で指数を落としているように、今回もタフな馬場が厳しく凡走。

馬場適性外の凡走で度外視可能。とは言え、絶対能力も足りていないので、今後も買う機会はあまりないだろう。

 

12着 エアアンセム

「能力が足りなかった。」

そもそも能力が足りていないのはあるが、タフな馬場も厳しかっただろう。能力的にも下降線なので今後も買うことはない。

 

スポンサーリンク

 

 

13着 ゴーフォザサミット

「状態落ちによる凡走かもしれない。」

近4走指数は69〜73で安定傾向だったのに大きく指数を落としてきた。

要因としては状態落ちを疑っている。

馬場は、3歳夏の札幌記念では今回同様の上がりのかかるレースで74の指数が出せていることからも、問題ではない。

それより、3歳夏に74の指数を出してから指数は維持してきた馬が、ここで下降線に突入した可能性が大きいだろう。追い切りも微妙であったし、その可能性は大いにある。

これは、現状では仮説であるが、次走で明らかになるだろう。一度静観したい。

 

14着 イレイション

「タフな馬場が厳しかった。」

近4走指数は68→69→59→69と、2走前を除き安定傾向。

2走前はタフな2000mで指数を落としているが、今回も同様にタフな2000mとなり、指数を大幅に落としてきた。

そもそも能力的にも足りていないので、今後も買うことはないだろう。

 

15着 ヤマカツライデン

「能力が足りなかった。」

能力が足りない上に、ハイペースで逃げたら、ここまでの大敗も普通に納得がいくだろう。

飛ばして逃げる馬ではないが、距離短縮ではペースが上がってしまったな。

今後も能力が足りないので買うことはない。

 

16着 シャイニープリンス

「能力が足りなかった。」

能力が足りないし、タフな馬場も厳しかった。

今後も能力が足りないので買うことはない。

 

スポンサーリンク

 

 

総括

まずは、馬券を買い間違えてしまった。結果的に予想は当たっていたので悔いが残る敗戦となった。10番軸のつもりが9番軸にしてしまった。9番より10番は人気なので、10番軸の馬券にしていたら、あまり配当も付いていなかった。つまり、10番軸でオッズを見ていれば、あまり付かないから三連単や馬単にしようかなとも思ったはずで、結果的に本命のマイネルサーパスは1着完勝なので、それでも当たっているのが本当に悔しい。

まあ、目的は目先の結果でなく、予想が当たるかどうかなので、良い予想が出来たことをポジティブに捉えよう。予想としては本命が1着。2着〜4着も印を打った馬であり、ほぼ完璧な予想が出来たと言って良い。

さて、レースは昨日の大雨でタフな競馬になり、スタミナ適性のある馬が好走している。

1着マイネルサーパスは馬場適性もある上に、成長分もあり圧勝だった。

2着ドミナートゥスも好追い切りで、復活の2着。

3着ウインイクシードは能力通り、4着レッドローゼスは脚を余してしまった。

レース指数は75とオープン特別にしては高めだった。2着から4着も指数は72でオープン特別レベルの競馬は出来ている。ローカルオープンにしては頑張った方かと思う。

 

今後

1着マイネルサーパスは現状の75で、重賞でも馬券になれるだろう。今後の成長分次第ではさらに上も期待できる。馬場が軽くなった時が試金石か。

2着ドミナートゥスは5歳馬だが、長期の休養があったためキャリアは9戦しかない。今回ベスト更新であり、今後の成長にも期待が持てる。

3着ウインイクシードはこれ以上の上積みはないので、オープン特別までだろう。

4着レッドローゼスは行き脚が付かないので常に差し遅れリスクがある。能力的には重賞でも通用する可能性はあるが、かなり条件が限定されるので狙いところはかなり少ないだろう。

 

来週は、福島牝馬ステークスとマイラーズカップを予想する。

マイラーズカップは登録馬15頭だが、福島牝馬ステークスは土曜日のレースなのに22頭も登録しており大変だ。

マイラーズカップの注目馬は、洛陽ステークス(OP)を78の高指数で完勝したヴァルディーゼルだ。どこまで人気するかは分からないが、前走はオープン特別としては破格の指数であり、相手がインディチャンプでも良い勝負になるのではないか。