【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2020阪急杯 G3 予想 (全馬指数・追い切り分析)

スポンサーリンク

 

今週は中山記念と阪急杯を予想する。

今回は阪急杯。阪急杯と言えば、去年は西野七瀬の卒コンの日だったなあ。

中山記念はすでに投稿済みなので貼っておく。

www.keibashisuu.com

 

さて、今回は阪急杯を予想していこう。

今年初の阪神開催、開幕週に行われる、1400m別定戦だ。今年は18頭フルゲートでのレースとなった。

 

指数一覧

出走馬の近4走最大指数を順に並べていく。G3平均レベルの75オーバーの馬が9頭出走している。G3にしてはレベルの高い1戦になりそうだ。優勝推定ラインは78、3着内ラインは75程度とする。追い切り評価もABCで書いておく。

 

1位 ステルヴィオ                 80  A

2位 ダイアトニック             78  A

3位 マイスタイル                77  A

4位 フィアーノロマーノ     76  A

5位 ジョイフル                   75  A

5位 ライラックカラー        75  B

5位 ストーミーシー            75  B

5位 ハッピーアワー            75  B

5位 アンヴァル                   75  C

10位 クリノガウディー       74  B

11位 ニシノラッシュ           73  C

11位 ラフィングアンサー    73  B

13位 ベストアクター           71  B

13位 スマートオーディン    71  A

15位 レインボーフラッグ    69  B

16位 ディープダイバー       68  B

16位 ロジクライ                 68  B

18位 サフランハート          67  B

 

馬場予想

馬場に関しては、開幕週なので実際に見てから考えた方がいいのだが、過去の傾向から分かる範囲で予想していこうと思う。違っていたら当日の馬場を見て買い目に反映させる。

まずは、近5年の阪急杯の勝ち時計、前半600mー後半600mラップタイム、ペース、馬場状態を振り返ろう。


2019年 1分20秒3  34.4-34.6 平均 良

2018年 1分20秒1  35.2-34.6 スロー 良

2017年 1分21秒4  33.8-35.9 ハイ 良

2016年 1分19秒9  33.8-34.7 ハイ 良

2015年 1分23秒8  34.9-36.8 ハイ 不良

 

不良馬場になった2015年は時計がかかっているものの、良馬場の4年間は時計が出ており、高速馬場だ。良馬場なら1分20秒前後の勝ち時計になるのではないか。
土曜日に「くもり一時雨」予報も出ているが、そこまでの雨量ではないし、あまり重くなることは想定しなくても良い。まずは、高速馬場での好走経験のある馬を高評価とする。また、1200mを主戦としてきた馬でも高速馬場の1400mなら対応可能として予想する。同様に、1600m以上で戦ってきた馬は1400mのスピードに対応できない可能性があるので注意する。

先行有利馬場or差し有利馬場は当日に判断するが、1400mで高速で開幕週なので前が止まりにくいのではないか。

 

スポンサーリンク

 

 

展開予想

今回のメンバーには明確な逃げ馬は存在しない。全18頭中、近4走で逃げたことがあるのはマイスタイルとニシノラッシュだけだ。これらの馬が逃げたレースの前半600mー後半600mのタイムを見てみよう。

マイスタイル マイルCS 35.3-34.2 スロー

マイスタイル 函館記念 36.3-35.9 スロー

ニシノラッシュ 岩清水ステークス 36.1-34.6 スロー

いずれも後傾ラップのスローペースだ。この2頭が逃げてもレースが流れるイメージは無い。

他にも逃げる可能性があるとしたら、近走1200mで先行している馬だが、今回の出走馬に該当馬がいない。

したがって、逃げ馬不在のスローペースと予想する。

 

以上より、今回のレースは、スローペースの高速馬場瞬発力勝負になる。

したがって、以下の2点を加点しながら、指数通り印をつけていけば良い。

①高速瞬発力適性。

②位置取りが前であること。

 

それでは全馬の分析を行っていこう。追い切り評価はABCの3段階。各馬の過去との比較で評価をつける。抜群の追い切りでもいつも抜群なら追い切り評価はBになるし、最低の追い切りでもいつも通りならBになる。あくまで各馬の縦の比較での、追い切りによる上積みがあるかを評価する。

 

スポンサーリンク

 

 

全馬分析

ステルヴィオ80

能力分析

指数ベストは4走前のマイルCS(2018)で80。3歳時に80もの高指数で古馬G1を制覇するあたり、かなり早熟傾向がある馬である。ただ、早熟でもそこからキープできれば問題ないので早熟は悪いことではない。その後のレースも振り返ってみよう。

3走前の中山記念では79と好走。2走前の大阪杯は大敗だが、この時の大阪杯はかなり時計のかかる馬場の2000m戦であった。マイラーのこの馬にとっては適性外なので度外視で良い。そして、前走となる安田記念は出遅れて直線最後方からになり77と指数を落とした。脚を使い切る展開になっていれば指数80ぐらいは平均で出せる馬だろう。

ただ、安田記念以降は目の疾患で9ヶ月の長期休養となった。ピークを迎えてから約1年半が経つのでこの長期休養の間にピークが終わっていても不思議ではない。その辺は追い切りで判断しようと思う。

あと、陣営のコメントで気になる点があったので書いておこう。

「(このレースで結果が出なければ)喉のオペをするつもり。苦しいところがあれば取ってあげたい。」

なんか、喉に不安があるようなコメントだな。もちろん、指数だけを見れば本命候補なのだが、休み明け、喉に不安あり、人気することなどを考えるとあまり重い印を打ちたくない。

追い切り分析

ノーザンファーム天栄を経由してから、8本の追い切りを消化してきた。最終追い切りでは南Wを馬也で5F68.4秒と、この馬の過去の水準と比べても早い。終いの1Fも12.1秒の好時計だ。併せ馬にも余裕で先着しており、休み明けだけど状態は良いと判断できる。追い切り評価A。

 

ダイアトニック78

能力分析

指数ベストは3走前のスワンステークスで78。前走の京都金杯は75、4走前の安土城ステークスも75と高いレベルで安定している。今回は、ベストを出した1400mになるのはプラスだろう。

ただ、この馬の好走が京都コースに集中しすぎているのが気になる。京都が(5,1,0,1)であるのに対し、京都以外は(1,2,1,2)と勝ち切ることができていない。おそらく京都のように下り坂で加速するのが合っているんだろうな。今回は阪神でゴール前に坂もあり、最後が甘くなることも考えられるので、コース適性からあまり重い印は打ちにくいか。

追い切り分析

1週前が栗東坂路で自己ベストを0.9秒詰める50.4秒の猛時計。それでいて、14.0-12.8-11.9-11.7の加速ラップだから文句のつけようが無い。最終追い切りも、馬也で全体51.9秒の好時計かつ、14.3-13.3-12.3-12.0の加速ラップで仕上がりは抜群。追い切り評価はA。

 

マイスタイル77

能力分析

指数ベストは3走前のスワンステークスで77。2走前のマイルCSと4走前の函館記念も76と安定傾向だ。ただ、前走が大敗で66。これまでも大敗するときはあったのだが、OP入りしてからの敗戦は全て理由が明確だった。

例えば、11走前の札幌記念ではマルターズアポジーの作ったハイペースに巻き込まれての敗戦。9走前の中日新聞杯は田中勝春の暴走逃げで自爆。7走前の小倉大賞典は先行有利馬場で今度はなぜか前に行かない騎乗ミス。5走目の巴賞はサトノフェイバーがかなりオーバーペースで逃げて一緒に潰れた。以上のように過去の敗戦は敗因が明確であったのだが、前走の阪神カップだけは普通に失速しており、明確な敗因が見つかっていない。

今回は、スローで先行有利なので展開は向くと思うのだが、敗因が消化できない馬に重い印は打てないので抑え程度か。

追い切り分析

2週前追い切りでCW自己ベストタイとなる6F77.7秒の猛時計。1週前でもCWで一杯に負荷をかけれている。最終は栗東坂路で16.0-14.2-12.5-12.2の加速ラップでまとめてきた。終い重点なので全体時計は出ていないが、馬也で併せ先着も果たしているし、問題なし。追い切りからはベスト時と変わらない出来と判断可能。追い切り評価A。

 

フィアーノロマーノ76

能力分析

指数ベストは4走前のダービー卿チャレンジトロフィーで76。ベスト時から2kg増となった前走の阪神カップでは74であった。今回は前走から1kg減なので間を取って75ぐらいでは走れるのではないか。高速馬場は合うし、先行できるのも6番枠を引けたのも良い。川田騎手が乗るのも良い。指数的に勝ちまでは難しそうだが、馬券には入ってくるだろう。

追い切り分析

栗東坂路で6本の追い切りを実施してきた。2週前追い切りでは全体時計49.7秒で自己ベストを1.2秒も更新。それでいて、13.3-12.6-11.9-11.9のほぼ加速ラップ。1週前追い切りでも全体時計50.9秒の自己2位時計で加速ラップ。最終追い切りもしっかり加速ラップでまとめてきた。

もちろん、追い切りから死角は無いので、追い切り評価Aとする。ただ近走は、常に好時計かつ加速ラップで走る馬であるので、そんなに驚きの追い切りというわけでは無いが。

 

ジョイフル75

能力分析

指数ベストは2走前のタンザナイトステークスで75。このレースで本格化した。

前走はシルクロードステークスで本命にしたが、思ったほど伸びず指数73。京都では4戦しているが、馬券内は3着が1回のみだ。その1回は昨年の岩清水ステークスなのだが、振り返ってみると、デムーロのイン突き好騎乗であった。したがって基本的には、京都適性はない。

今回は指数ベストを出した阪神コースに戻るのでプラスである。阪神では(2,0,0,1) と結果も出ている。

また、この馬は叩き良化型なので前走を叩いてパフォーマンスは上向くはずだ。得意舞台に変わることと、叩き良化で、最低でもタンザナイトステークスの指数75以上は出せると推定する。指数面からは本命まである。ただし、1枠1番に入ってしまったのは残念。川又騎手が開幕週で内が開かないレースを捌けるかは、不安なところだ。その点を考慮して抑え程度にするか、詰まる前提の予想は邪道として、本命まで打つか。

追い切り分析

栗東坂路で5本の追い切りを実施。最終追い切りでは重馬場の栗東坂路で自己4位の好時計を出してきた。内容も14.0-13.5-12.7-12.2の加速ラップで文句なし。前走を叩いた上積みのありそうな追い切りであった。追い切り評価A。

 

ライラックカラー75

能力分析

指数ベストは前走のカーバンクルSで75。直線残り200mまで最後方だったが、そこから異次元の末脚で全馬を抜き去り、上り補正も入って75と、OP特別では高指数。まだ、指数は上昇中であり底を見せていないので、指数だけ見れば本命候補。ただし、マーフィー騎手から木幡育也への乗り替わりで鞍上弱化であるので、抑え程度か。

追い切り分析

美浦坂路と南Wの併用で8本の追い切りを実施してきた。全部馬也でゆったりした追い切りで時計は出ていない。ただ、いつもこんな感じの追い切りなのでいつも通りと言えばいつも通りか。前走も3頭併せで最後着で勝ち切ったので追い切り内容はあまり気にする必要はない馬だろう。追い切り評価B。

 

スポンサーリンク

 

 

ストーミーシー75

能力分析

指数ベストは4走前の朱鷺ステークスで75。2走前のポートアイランドステークスでは72であるものの、前走と3走前では70以下の低値。近3走低い指数が続いているし、差し脚質では今回のレースは厳しいとして消しか。

追い切り分析

美浦坂路で7本の追い切りを実施。1週前追い切りでは一杯に負荷をかけて全体51.6秒自己3位の好時計であった。最終追い切りも加速ラップでまとめてきており、前走以上の出来にはありそう。追い切り評価B。

 

ハッピーアワー75

能力分析

指数ベストは3走前のスプリンターズステークスで75。

この馬の特徴は、ほぼ最後方からレースをし、差し届かずに終わるということ。近3走は全てこのパターンでレースに参加できずに凡走している。近走を見る限り、このレース内容では好走確率は相当低いだろう。特に今回のスローペースでは尚更だ。脚質面から消しでいい。

追い切り分析

中4週で3本の馬也追い切り。時計も出ていないし、最終も4F追いと軽め。上積みは感じられない。追い切り評価B。

 

アンヴァル75

能力分析

指数ベストは3走前の北九州記念で75。5走前のシルクロードステークス(2019)でも75を出している。ただし、近2走は65以下の低値と凡走が続いている。好走経験の無い阪神競馬場だし、差し脚質も今回は厳しいのでは無いだろうか。指数面からは消し。

追い切り分析

中2週なので追い切り本数は1本と軽めだが、一杯に追って負荷をかけてきた。ただ、一杯に追った割には時計は全然出ていないし、状態は良くなさそう。追い切り評価C。

 

クリノガウディー74

能力分析

前走の東京新聞杯、2走前のマイルCS、3走前の富士ステークスが全て指数74でベスト。非常に安定している。ただし、3走前は斤量が54kgで、2走前と前走は斤量が56kgだった。斤量増を考慮すると微妙に成長していると言えるか。前走は指数、斤量ともに維持だったので成長が止まったと考えることもできるが、休み明け初戦で指数が上がらなかったと捉えることもできるため、まだピークを迎えたと判断できる段階では無い。叩いた上積みで指数ベストを更新する可能性も大いにある。

ただ、1400mのスピードレースに対応できるかは未知だし、横山騎手から森騎手への乗り替わりも鞍上弱化だ。これらを考慮すると買っても抑えまでか。

追い切り分析

中3週で追い切りは2本のみ。最終追い切りは栗東坂路で一杯に追って14.9-13.3-11.9-11.7の加速ラップで全体51.8秒の好時計。2Fが23.6とかなり秀逸。本数は少ないが叩いた上積みはありそう。いつも追い切りは動くことを考慮して、追い切り評価はB。

 

ニシノラッシュ73

能力分析

指数ベストは3走前の阪急杯(2018)で73。ただ、2年前のレースだし、近2走は65以下の低値であることを考えると到底買えない。指数面から消し。

追い切り分析

中2週なので追い切りは1本と軽め、全体時計も出ていないし、ラスト1Fで失速しており良いとことなし。追い切り評価C。

 

ラフィングアンサー73

能力分析

指数ベストは前走のシルクロードステークスで73。この指数でも足りないが、前走から2kg増もあるので能力的に厳しい。指数面から消し。

追い切り分析

中4週で3本の追い切りを実施。最終追い切りの栗東坂路では一杯に追って全体53.6秒、2F24.8秒と重馬場を考えれば悪くはない。追い切り評価B。

 

スポンサーリンク

 

 

ベストアクター71

能力分析

指数ベストは前走の3勝クラス雲雀ステークスで71。前走はベスト更新であり、6歳馬だがまだ上昇余地はある。ただ、指数も微増だし、いきなりこのメンバーでの重賞となると通用するのは厳しいだろう。1kg増もあるので指数面から消しでいい。

追い切り分析

中2週で追い切り本数は1本。美浦坂路でこれまでの水準と変わりはない追い切り内容だった。追い切り評価B。

 

スマートオーディン71

能力分析

昨年の同レース勝ち馬で指数80とG1級のパフォーマンスを発揮したのだが、近走からは見る影もない。近4走を見ると指数ベストは3走前のスワンステークスで71だ。この指数では今年は厳しいだろう。

昨年は、前走の京都金杯が高指数で75を出していたので、復調気配を感じ取り馬券を取ることができたが、今年は昨年とは臨戦過程が全く異なる。昨年好走しているからと言え、今年は指数面から消しでいい。

追い切り分析

栗東坂路で9本の追い切りを実施してきた。この馬はいつも全体時計は出すが、追い切りの終い2Fは若干甘くなる馬である。ただ、今回は全体も秀逸ながら、ラスト2Fで自己ベストとなる時計を2週連続で出してきた。追い切りからは一変あってもおかしくない。追い切り評価A。

能力分析では消しとしたが、外枠を引いてレースもしやすいし、馬場状態次第では買い目まであるかもしれない。

 

レインボーフラッグ69

能力分析

指数ベストは、前走の洛陽ステークスと、2走前の阪神カップと、3走前のリゲルステークスで69と非常に安定傾向。この指数で安定してしまっていては重賞ではとても足りない。指数面から消し。

追い切り分析

中2週のため追い切り本数は1本。栗東坂路で一杯に追ってきたが、過去に比べ時計も出ていないし、使って良化している感じはしない。追い切り評価B。

 

ディープダイバー68

能力分析

指数ベストは前走のシルクロードステークスと4走前の北九州記念で68。明け4歳だが、近走を見る限り指数が上昇中ということは無い。さらに今回は斤量が2kg増えることもあって能力的に厳しいだろう。指数面から消し。

追い切り分析

中4週で4本の追い切りを実施。栗東坂路での最終追い切りでは一杯に追って内にもたれてしまった。時計も平凡で変わり身なし。追い切り評価B。

 

ロジクライ68

能力分析

昨年のこのレース3着馬。指数は74であった。その後は高松宮記念、京王杯スプリングカップ、安田記念と進みこの間指数74前後で安定傾向であった。ただ、近4走では指数を落とし、ベストは2走前のカーバンクルステークスで68だ。そもそもベストは2018年の富士ステークスで、当時は80を出していた。それが、昨年の春には74程度しか出せなくなり、近走は68以下しか出せなくなっていることを考えると明らかに劣化している。今回は、近走の指数から足りないと判断して消しだ。

追い切り分析

栗東坂路とCWの併用追い切り。1週前ではCWで全体好時計だし、最終追い切りの栗東坂路でも加速ラップで追い切りは問題なし。いつもこれぐらいは動くので縦の比較で追い切り評価B。

 

サフランハート67

能力分析

指数ベストは4走前のUHB賞で67。この指数でも足りないが、今回は4走前から2kg増だ。確実に能力が足りないだろう。指数面から消し。

追い切り分析

一週前追い切りで栗東坂路49.7秒と爆走。自己ベストを1秒も更新してきた。ただ、最後は垂れてしまった。また、最終追い切りで、内にもたれてしまった点をマイナス評価とし、追い切り評価はB。

 

総括

以上、出走全18頭の分析を行った。開幕週多頭数でスローペースであり、内に馬群が密集した形になるので、騎手の捌きが重要になるだろう。

能力分析の時点で印を打ちたい馬は、ステルヴィオ、ダイアトニック、マイスタイル、フィアーノロマーノ、ジョイフル、ライラックカラー、クリノガウディーの7頭だ。この中では一応ジョイフルを評価しているが、そこまで絶対的に信頼しているわけではない。特に抜けていると判断できる馬がいるわけでは無いので、追い切りと当日の馬場状態を見たら普通に変わる可能性が高い。

その追い切り評価を追記した。今回は指数上位馬が普通に好追い切りであった。追い切り評価Aとしたのは指数1位から5位のステルヴィオ、ダイアトニック、マイスタイル、フィアーのロマーノ、ジョイフルとスマートオーディン。どの馬も人気するので取捨が難しい。能力分析と追い切り分析ではあまり絞り込めなかったので、当日の馬場と展開で決め打ちしたいところだ。

当日には馬場と馬体重を見て買い目(1500円)を、@K16005で公開する。