【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

中山金杯G3 予想

スポンサーリンク

 

中山1回開催の初日、今開催は9日間cコースで開催される。a→cコース変わりなので、馬場状態は当日確認するが、基本タフな冬の中山と言う認識でいいだろう。雨は降らないようなので良馬場想定。

 

近5年の中山金杯を見ると、

2015 スロー 4Fロンスパ

2016 スロー 3F

2017 平均ペース 

2018 スロー 5Fロンスパ

2019 平均ペース 4Fロンスパ

 

2017はダノンメジャー、2019はタニノフランケルが引っ張ったが、基本的にはスタート後500mほどの登り坂があるのでスローペースになる。タニノフランケルは今年も出ているが、最近逃げてないし、近走逃げたイレイション、トリオンフあたりも飛ばして逃げるイメージはない。瞬発力に長けた馬も少なく(中山金杯なので当たり前だが)、スローのロンスパ勝負として予想する。てか、予想上そう断定するのがベスト。以上、タフな馬場と上記レース展開から、スタミナタイプを狙っていく。

 

近4走最大指数は以下

トリオンフ 77

クレッシェンドラヴ 75

カデナ 74

レッドローゼス 73

ギベオン 72

タニノフランケル 72

ノーブルマーズ 72

テリトーリアル 71

ブラックスピネル 71

マイネルサーパス 71

マイネルハニー 71

ウインイクシード 71

イレイション 70

アンノートル 68

サダル 67

シャイニープリンス 67

メイショウエイコウ 65

 

トリオンフ  77

ベスト指数は長期休養前の2,3戦前で、前走チャレンジカップは72と平凡。大型馬なので58kgは大丈夫だとは思うが、調教で併せ馬遅れもあり2走ボケも考えうる。初の関東遠征だし、抑えまでとしたいところ。馬券には入れない。

 

クレッシェンドラヴ 75

前走ベスト、スタミナ十分な馬でタフな中山はベストだろう。流れなくても自分から動いていけるが、57kgだしスローになると取りこぼしはありそう。しかし、調教も抜群で他に対抗できる馬もいない今回は、自信の本命。

 

カデナ 74

後方一気なので展開が向かないと無理。好走した重賞は新潟や小頭数など。今回は多頭数中山で合わない。着狙いぐらいならありそうだが、確率的に言って消しでいい。

 

レッドローゼス 73

ベスト時軽斤量。前走もクソ騎乗がなければそこそこ強かった。調教も動きは良いし、得意の中山(3,2,2,1)と言うことで評価できる。

 

ギベオン 72

ロンスパ戦は合うと思うが、57.5kgを背負うし、指数も平凡。消し。

 

タニノフランケル 72

差しが決まりやすかった昨冬の中京とはいえ、前走負けすぎ。消し。

 

ノーブルマーズ 72

超消耗戦で後方一気をやれば来るかもしれない。が、まあ消し。

 

指数71以下、1頭ごとの分析はしないが、書きたい馬だけ。

 

ブラックスピネル 71

単騎で楽逃げ専門の馬。同型も多い今回は消し。

 

ウインイクシード 71

前走ベスト。2走前は逆展開ながら粘って4着と評価できるレースが続いている。

好枠を引いた今回は1kg減もあり、スローで先行できれば良い。

 

ザダル 67

重馬場の中山で好走しているし、マーフィーへの鞍上強化もあるので怖い。とは言え指数もないし、買わない。大外だし。

 

以上をまとめると

◎クレッシェンドラヴ

○ウインイクシード

▲レッドローゼス

 

馬券は

単勝◎(本線)

馬単◎→○▲

三連単◎→○↔︎▲

@K16005 に買い目を書く。